コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 研究 > 研究推進 > 国立がん研究センター研究開発費

国立がん研究センター研究開発費

概要

国立がん研究センター研究開発費によって行う研究は、我が国全体のがん医療の基盤となる研究や我が国全体のがん医療を飛躍的に向上させるような、当センターでなければ達成できないと考えられる研究であることを基本としています。
国立がん研究センター研究開発費の研究課題は当センターの研究者が主任研究者を務め、外部の研究者もこれに参画することとしています。
研究費の執行においては、研究の企画立案・事前評価を行う運営委員会や、中間・ 事後評価を行う外部の専門家で構成される評価部会を設置し、当センターが一丸となって研究のアイデアを創出し、その研究成果を客観的に評価して次の研究 につなげていく体制をとっています。

関係書類

研究課題

研究成果

このデーターベースは、国立がん研究センター研究開発費(正式名称は国立研究開発法人国立がん研究センター運営費交付金研究開発費。旧がん研究助成金)によって行われる研究を対象としたものです。平成18年度以降の国立がん研究センター研究開発費(旧がん研究助成金)の研究報告を収載しています。

平成17年度以前の研究報告はPDFファイルで参照できます。

  • 平成17年度以前のがん研究助成金

審査・評価関係

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。