コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > ご寄付のお願い

がんに負けない国へ がんに負けない国へ
NCCの財源内訳

がんに負けない社会を
一緒につくりませんか。

がんが社会的な問題として認識されはじめた1962年。当時は不治の病と言われ、がんを克服しようと国立がん研究センターが設立されました。国が本格的にがん対策として研究費を投入し、がんの克服を目指したのが1984年。最初の10年は「がんはどうしてできるのか」という研究的な側面から始まり、次の10年は「がんをどうやったら克服できるのか」という実用化に向けた事業をめざしました。2006年にはがん対策基本法により、単なる研究だけでなく、患者さんにとって最適ながん医療の充実へと進みます。
現在はがんの治療だけでなくケアまで、さらに将来がんになりえる患者さんを見据えた予防までと、広範囲にわたり最適な医療の提供へと取り組んでいます。当然のことながら、そこにかかる資金も必要になってきます。最新のがん治療にかかせないゲノム解析・免疫療法などさまざまな研究、新薬の開発、データ解析、それに必要なAIシステム、がん治療に有益な情報を集め、共有していくためのインフラの構築、さらに患者さんが安心して治療にのぞめる環境の整備など、資金がどうしても必要です。がんに負けない国をつくるには、国からの支援、更にみなさまの支援が必要です。がんが死因のトップになってから40年。治療技術も上がり、5年生存率も改善してきました。最近のデータだと、5年生存率はおよそ64%。3人に2人はおおむね治っています。しかし、1/3はまだまだ救えていません。年間100万人ぐらいの方が毎年がんに罹り、およそ37万人の方が亡くなっています。もし、5年生存率が9割になれば、がんはさほど怖くない病気になる。さらに、がん予防が進歩していけば、60歳で発症していた人が70、80歳にまで遅らせることができる……。そんな思いから国立がん研究センター基金を設置しました。みなさまのご協力をお願いいたします。がんになっても安心して暮らせる未来を実現するために、共にがんに立ち向かいませんか。


国立研究開発法人 国立がん研究センター
理事長 中釜 斉

お知らせ

2020年10月13日
新規のプロジェクト寄付「東病院・建替整備事業」「東病院⼈材育成プロジェク ト」「みらい(MIRAI)プロジェクト」で募集を開始しました
2020年10月13日
国立がん研究センタ-基金の受入を開始しました
2020年8月7日
皆様からの寄付金により、国立がん研究センタ-東病院の施設「さくらテラス」がリニュ-アルオープン
2020年5月1日
多くの方々から医療従事者へ、温かいご支援が届いております
2020年4月17日
マスク1,500枚を寄贈いただきました
一覧

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。