コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > お知らせ > 第1回国立がん研究センター医学会総会 開催報告

第1回国立がん研究センター医学会総会 開催報告

国立がん研究センターでは、嘉山理事長を発起人として、国立がん研究センター全職員の診療、研究、教育、社会活動の向上を目的とし「国立がん研究センター医学会」を創設しました。以下、2010年12月10日に開催された第1回医学会総会の模様をご報告します。

  • 医学会会長:嘉山 孝正
  • 日時:平成22年12月10日(金曜日)18時から19時
  • 場所:国際研究交流会館3階 国際会議場
  • 受賞者に表彰状を授与する嘉山理事長の画像
    受賞者に表彰状を授与する嘉山理事長
  • 第1回医学会総会受賞者の画像
    第1回医学会総会受賞者
  • 医学会賞金賞受賞 増富健吉先生の画像
    医学会賞金賞受賞 増富健吉先生
国立がん研究センターは、独立行政法人として新しいスタートを切り、様々な挑戦と改革を進めてまいりました。医学会総会は、2010年の締めくくりともいえるものです。初回を迎える今年は、本センター全職員を対象に、研究、診療、教育、社会活動分野において著しい貢献が見られた18名が表彰されました。

会場となった当センター国際会議場では、医学会賞金賞を受賞された増富健吉先生をはじめ、関根郁夫先生、大木理恵子先生、橋本賢治先生、中尾将之先生から、受賞講演が行われました。ご講演の内容は、下記リンクからご覧いただけます。

受賞者一覧

医学会賞(臨床、基礎研究分野において著しい成果を遂げた職員)

【金賞】

  • 増富 健吉(研究所 がん幹細胞研究分野・分野長)
    「テロメレース新規機能とがん幹細胞」
    講演内容(PDF:717KB)

【銀賞】

  • 関根 郁夫(中央病院 呼吸器腫瘍科 病棟医長)
    「肺癌の化学療法と集学的治療」
    講演内容(PDF:189KB)
  • 大木 理恵子(研究所 腫瘍生物学分野 研究員)
    「新規癌関連遺伝子の同定による癌化メカニズムの解明 PHLDA3は新規Akt抑制因子であり、癌化を抑制する因子である」
    講演内容(PDF:319KB)

【銅賞】

  • 橋本 堅治(中央病院 乳腺科腫瘍内科)
    「終末期医療における抗がん剤使用状況調査と因子解析」
    講演内容(PDF:205KB)
  • 中尾 将之(東病院 臨床開発センター 呼吸器腫瘍科)
    「肺腺癌 癌間質線維芽細胞による Carbonic Anhydrase IX 発現の意義」
    講演内容(PDF:1503KB)

医療賞(医療業務の質の向上に貢献した職員)

  • 高島 敦生(がん対策情報センター 多施設臨床試験・診療支援部)
  • 和田 千穂子(中央病院 看護部 14B病棟 がん看護専門看護師)
  • 市川 智里(東病院 看護部 がん看護専門看護師)

教育賞(教育分野において貢献した職員)

  • 関根 郁夫(中央病院 呼吸器腫瘍科 病棟医長)
  • 後藤田 直人(東病院 肝胆膵外科 外来医長)

社会賞(社会貢献など外部との活動で貢献した職員)

  • 樋口 由起子(中央病院 相談支援室)
  • 坂本 はと恵(東病院 患者・家族支援相談室)
  • 依田 明久(中央病院 財務経理部 医事専門職)

特別賞(センター内の種々の問題解決に貢献した職員)

  • 境田 正樹(中央病院 理事長特任補佐)
  • 丸口 ミサヱ(中央病院 看護部長)
  • 成田 善孝(中央病院 企画戦略室室長)
  • 加藤 雅志(中央病院 企画戦略室副室長)
  • 木下 貴之(中央病院 企画戦略室)

嘉山理事長より全職員への副賞の画像
嘉山理事長より全職員への副賞

また、嘉山理事長より全職員に対し、センター業務の活性化における業績を称え、特別賞が授与されました。特別賞表彰状(PDF:542KB)副賞としてボジョレーヌーボーの樽が贈呈されるなど、嬉しいサプライズもありました。本医学会総会は、全職員の貢献と成果を再確認する場であったとともに、当センターの「がん診療・研究・教育」に対する新たな挑戦へのスタートであったとも言えます。

注:講演内容の記事、写真、図などの著作権は、国立がん研究センターまたは、その情報提供者に帰属します。無断転載は一切禁じます。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。