コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > お知らせ > 田村厚生労働大臣 国立がん研究センター中央病院と研究所を視察

田村厚生労働大臣 国立がん研究センター中央病院と研究所を視察

田村憲久厚生労働大臣が2013年10月1日、国立がん研究センター中央病院と研究所を視察されました。理事長の堀田知光より概況を説明したのち、計画治療棟・放射線診断部・通院治療センター・放射線治療部・バイオバンクをまわりました。

計画治療棟

新しい抗がん剤やその他の治療方法の開発を行うことが計画治療病棟の役割です。設備を整え、医師・看護師・薬剤師・治験コーディネータ(CRC)が密に連携をとって、安全な臨床試験を行っています。田村大臣は、臨床試験に関する説明に熱心に耳を傾けられ、質問も多くされました。

計画治療棟 視察風景

バイオバンク

がんの解明や創薬、診断方法の開発などの研究に役立てるため、患者さんの同意に基づき、血液やがんの組織などの試料を集めています。病理科の作業や遺伝子解析をする次世代シークエンサーなどを見学されました。

  • 病理、バイオバンク、シークエンサー 視察風景1
  • 病理、バイオバンク、シークエンサー 視察風景2
  • 病理、バイオバンク、シークエンサー 視察風景3

意見交換

視察の最後に田村大臣と当センターとの意見交換を行いました。

意見交換 風景