コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > お知らせ > 日中韓がんセンターがん対策ワークショップ参加

日中韓がんセンターがん対策ワークショップ参加

2018年3月30日
国立研究開発法人 国立がん研究センター
in English

2018年3月16日、北京で第1回日中韓がんセンター合同会議が開催され、当センターから理事長の中釜斉はじめ、山本精一郎、松田智大、長野匡晃が参加しました。本会議はがん対策を目的に、日本、中国、韓国の研究者らが集まり、各国からがん対策、がんの現状、がん検診、プレシジョンメディシンについて紹介がありました。

日中韓のがんセンターの研究者だけでなく、中国は16の地域がんセンターからも参加があり、大変盛大な会となりました。

次回は来年、韓国での開催を予定しています。中国、韓国共、当センターとそれぞれ研究協力についての覚書を結んでいるので今後も交流を進め、3カ国でアジアのがん対策をリードしていこうと活発な意見交換が行われました。

  • 中釜斉

    中釜斉

  • 山本精一郎

    山本精一郎

  • 日中韓がんセンターがん対策ワークショップの様子

     松田智大

  • 長野匡晃

    長野匡晃