コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > お知らせ > 米国国立がん研究所訪問

米国国立がん研究所訪問

in English

2018年8月16日(木曜日)、国立がん研究センターは米国 国立がん研究所(National Cancer Institute, NCI)へ訪問し、NCI研究所長Dr.Norman E. Sharplessと従来の連携及び今後の共同計画について話し合いました。

またNCI各部門長らとも意見交換の場を持つことができ、今後の共同研究のテーマとして希少がんや小児がん、マイクロバイオーム研究、新しい診断マーカーなどが挙げられました。今回の訪問を機に両機関の専門家の交流をはじめ協力事業に弾みがつくことが期待されます。

写真1 

座:左から右 国立がん研究センター理事長 中釜斉、米国 国立がん研究所長 Dr. Norman E. Sharpless
立ち:右から左Dr. Thomas G. Gross (Center for Global Health, Deputy Director of Science)、 国立研究センター国際戦略室長 山本精一郎、研究所長 間野博行、Dr. Robert T. Croyle (Division of Cancer Control & Population Sciences; Center for Global Health, Interim Director), 国立がん研究センター企画戦略局長 藤原康弘, 国際戦略室ガテリエ・ローリン

 

写真2

左から右:山本精一郎、Dr. Thomas G. Gross、Dr. James H. Doroshow (Division of Cancer Treatment and Diagnosis, Director)、Dr. William L. Dahut (Clinical Research, Scientific Director)、中釜斉、Dr. Glenn Merlino (Center for Cancer Research, Scientific Director for Basic Research)、Dr. Robert T. Croyle、間野博行、Dr. Barnett S. Kramer (Division of Cancer Prevention, Director)、 AMEDワシントンDC事務局長 佐野多紀子、藤原康弘、ガテリエ・ローリン、AMEDワシントンDC事務局 横澤良祐

 

写真3

前から後ろ、右: Dr. Barnett S. Kramer、Dr. Thomas G. Gross、Dr. Robert T. Croyle、 Dr. William L. Dahut、Dr. Glenn Merlino、Dr. James H. Doroshow
前から後ろ、左:ガテリエ・ローリン、山本精一郎、藤原康弘、中釜斉、間野博行、佐野多紀子、横澤良祐