コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > お知らせ > ポーランド共和国上院議長が来訪

ポーランド共和国上院議長が来訪

2020年3月2日
in English

2020年2月20日、国立がん研究センターはポーランド共和国のトーマシュ・グロツキ上院議長の訪問を受けました。上院議長に同行して、パヴェウ・ミレフスキ駐日ポーランド共和国特命全権大使、リシャルド・ボベル上院議員、 ロベルト・ドーハン上院議員、アグネシュカ・コワチ=レシチンスカ上院議員も来訪しました。

センター紹介の後、バイオバンク、放射線治療科、患者サポートセンターを見学しました。昨年に日本とポーランドは 国交樹立 100 年を迎え、今後の交流の発展が期待されます。

上院議員

(前列左から)ミレフスキ大使、ボベル上院議員、コワチ=レシチンスカ上院議員、グロツキ上院議長、間野研究所長 (後列)ドーハン上院議員

  • グロツキ上院議長ご一行

    放射線治療の説明を受けるグロツキ上院議長ご一行

  • グロツキ上院議長とミレフスキ大使

    患者サポートセンターで説明を受けるグロツキ上院議長とミレフスキ大使