コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 肝胆膵外科

肝胆膵外科

トップ画像

胆膵外科について

当科は本邦における肝胆膵外科のパイオニアであり、肝臓がん、胆嚢がん、胆管がん、膵がんなどの外科治療を中心に行っています。肝胆膵がんの外科治療において全国的に普及している技術の中には当科あるいは当科の関係者が開発に深くかかわったものが少なくありません。特に、肝切除の手術技術については世界をリードしてきました。また、膵がんについても本邦有数の症例数を取り扱っています。肝胆膵の手術は難度の高いものが少なくありませんが、高い技術力と豊富な経験をもとに、患者さんの状態に応じたバランスのとれた治療を行うよう心がけています。

肝胆膵内科や診断部門とも密接に連携し、治療方針を確認するとともにそれぞれの専門家が治療を行うようにしています。外科・内科のどちらを初診された患者さんでも、診断の結果によって適切な診療科が担当いたしますので、治療内容が異なってしまうことはありません。

当科では、高難度手術を安全に行えるよう万全の準備を整えて手術を行うようにしています。手術や術前処置の時期は、病状に応じて適宜調整するようにしていますので、個々の患者さんにとって必要な治療が順番待ちのために適切な時期に受けられないというようなことはありません。