コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 内視鏡センター > 消化管内視鏡

消化管内視鏡

4階の内視鏡室で胃や食道・十二指腸の検査・診断を、5階では主に大腸の検査や診断、および 早期消化管がん(食道、胃、十二指腸、大腸)内視鏡治療を行っています。
  • 内視鏡検査室の画像

    内視鏡検査室

  • リカバリー室(4F)の画像

    リカバリー室(4F)

  • 内視鏡治療室の画像

    内視鏡治療室

  • トイレの画像

    トイレ

  • ストーマ専用トイレの画像

    ストーマ専用トイレ

  • 中央モニタリングの画像

    中央モニタリング

苦痛なく安全な内視鏡検査を行うために鎮静剤を使用した場合の休憩用のリカバリーベットを用意しています。内視鏡看護師が常駐し、さらに、モニタリングシステムも利用して患者さんの状態を把握できるようにしています。また、インフォームドコンセントを重視し、相談室を2室設けました。正しい診断・治療はもちろん、他の診療科とも連携し、患者さんおひとりおひとりに最適な治療方法を提案しています。