コンテンツにジャンプ
がん対策情報センター

トップページ > 各部の紹介 > がんサバイバーシップ支援部 > プロジェクト > がん患者が経験するスティグマと望ましい支援についての研究

がん患者が経験するスティグマと望ましい支援についての研究

本研究について

がん対策推進基本計画では、「がん患者が社会とのつながりを維持し、生きる意欲を持ち続けられる社会づくり」が謳われています。がんにまつわるマイナスのイメージや偏見(がん関連スティグマ)は、がん患者の社会参画の障壁の一つとなる可能性があります。本研究では、がん患者自身が感じるがん関連スティグマを明らかにするとともに、身近な人間関係におけるスティグマを低減する支援を開発することを目的としています。