コンテンツにジャンプ
がん対策情報センター

トップページ > 各部の紹介 > がんサバイバーシップ支援部 > プロジェクト > 地域におけるリンパ浮腫予防指導に関するニーズ調査:がん経験者と保健師の視点から

地域におけるリンパ浮腫予防指導に関するニーズ調査:がん経験者と保健師の視点から

本研究について

がん治療後に、乳がん経験者の約3割、婦人科がん経験者の約2割にリンパ浮腫が発現するとされています。リンパ浮腫の症状は、むくみの他に、しびれ、痛み、腕力や脚力の低下等を含むため、日常生活動作の低下やQOLへの影響が深刻です。リンパ浮腫の発現予防は、がんサバイバーシップの充実を考える上で重要な課題だといえます。

しかし、病院ではリンパ浮腫を発現した患者への対症療法が中心であり、リンパ浮腫の発現予防に対する継続的・長期的な取り組みは行われていないため、患者さんのモチベーションを持続させ、無理なくリンパ浮腫予防の継続を促す場と担い手の可能性を探りたいと考えました。

本研究では、地域の健康増進を担う行政保健師に対するアンケート調査、乳がん患者さんと婦人科がん患者さんを対象としてアンケート調査をおこない、地域での行政保健師によるリンパ浮腫発現予防指導の可能性、がん患者さんのニーズ、およびリンパ浮腫発現予防の継続を促す要因について明らかにしました。