コンテンツにジャンプ
がん対策情報センター

トップページ > 各部の紹介 > がんサバイバーシップ支援部 > イベント案内一覧 > 2018年12月17日第15回オープンセミナー:
「がんサバイバーに対する循環器サポートの必要性」~Cardio-Oncologyの現状と今後への課題~

2018年12月17日第15回オープンセミナー:
「がんサバイバーに対する循環器サポートの必要性」~Cardio-Oncologyの現状と今後への課題~

今回のテーマは、「がんサバイバーに対する循環器サポートの必要性」~Cardio-Oncologyの現状と今後への課題~ です。 順天堂大学大学院医学研究科 教授の佐瀬一洋先生にご登壇いただきます。

  • 佐瀬先生からのメッセージ

がん治療に関連する心血管疾患の予防には、従来から細心の注意が払われてきました。 しかしながら、最近登場した新薬では多種多様な合併症が報告されるようになり、 その対応が急務とされています。腫瘍循環器学(Cardio-Oncology)とは、 がんサバイバーのアウトカム向上という観点からがん医療と循環器サポートが連携する、 新たな学際領域です。このセミナーでは、ハイリスク患者やハイリスク治療の定義と その対応法を、最新の診療ガイドラインに基づきわかりやすく皆様にお伝えしたいと思います。

プログラム

  •  開会の挨拶:がん対策情報センター長 若尾文彦    
  •  講演:順天堂大学大学院医学研究科 教授 佐瀬一洋先生
  •  質疑応答/司会進行:がんサバイバーシップ支援部長 高橋 都

第15回オープンセミナーちらし

セミナー案内は下記関連ファイル「第15回がんサバイバーシップオープンセミナー」をご参照ください。

日時

2018年12月17日(月曜日)18時から19時30分 (開場17時30分)

場所

新研究棟1階 セミナールームAB(PDF:147KB)

定員

150名

参加費

無料

参加方法 

 事前申込制です。下記申込フォームの画面からご登録ください。(参加者1人につき1つの受付番号が必要です)

参加予約後のお取り消しは下記受付からお手続きください。

参加申し込みについて

本申込で取得した個人情報は適切に管理し、本オープンセミナーに関する連絡や今後の企画案内に利用します。詳しくは国立がん研究センター「プライバシーポリシー」をご覧ください。

お問い合わせ

がんサバイバーシップオープンセミナー事務局 (がんサバイバーシップ支援部)  
ファクス:03-3547-6627
メール:cis-sr-cafe@ncc.go.jp

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。