コンテンツにジャンプ
がん対策情報センター

トップページ > 各部の紹介 > がん情報提供部 > プロジェクト > わが国におけるがん情報データベースのあり方と評価に関する研究プロジェクト

わが国におけるがん情報データベースのあり方と評価に関する研究プロジェクト

がん患者・家族の情報ニーズと情報提供のあり方に関する研究

  • 音声相談対応データを用いたLay Topics(LT;相談者から自発的に出された、疑問、尋ねたいこと、不安や困っていることを含む発言)とPatient Question(PQ;LTを医療的な問いに変換した、想定される「相談者が質問したいこと」)の抽出

  • Patient Questionに対して提供しうる適切な情報の紐付けと適合状況の検討

がん情報データベースの基盤となる情報システムに関する研究

本システムは、がん専門相談員ががんの相談を受けた際に、「診療ガイドライン」や「国立がん研究センター がん情報サービス」などのインターネット上で収集可能な適切な情報をできるだけ容易に検索したり、相談者と一緒に情報を確認したりすることができることを目指したシステムです。
また、ガイドラインやがん情報サービス以外の信頼性の高い情報サイトについても、別途検索できるようにしています。
ぜひ相談支援の場で活用ください。

 

    • 利用者

      がん診療連携拠点病院など 相談員
      *相談員の方であれば、どなたでもご利用いただけます。

    • 利用方法

      がんに関して相談を受けた際に、キーワードの欄に検索したい語句(例;乳房温存)を
      入れ、1か2のどちらかの検索ボタンを押してください。

    • 留意事項

      ・インターネットに接続できる環境が必要です。
      ・日時、検索キーワード、検索領域、閲覧ページについてのシステムログを記録しています。
      ・本システムでは個人情報は記録していません。
      ・解析結果を研究成果として利用し、研究成果として発表する場合があります。

    • 研究について


      ・研究代表者:若尾文彦(国立がん研究センター がん対策情報センター )
      ・研究班タイトル:科学的根拠に基づくがん情報の迅速な作成と提供のための体制整備のあり方に関する研究(20EA1008)
      ・本システム管理者:国立がん研究センター がん対策情報センター がん情報提供部 本研究班事務

    • お問い合わせ

      ・お問い合わせについては
       「わが国におけるがん情報データベースのあり方と評価に関する研究プロジェクト」
       事務局の以下のフォームよりお問い合わせください。


      お問い合わせフォームボタン