コンテンツにジャンプ
社会と健康研究センター

トップページ > 各部の紹介

各部の紹介

疫学・予防研究グループ

疫学研究により、がんなど疾病の原因究明、および、有効な予防法、早期発見・検診法、健康寿命延伸法の開発のための質の高いエビデンスを構築します。そして、現状利用可能なエビデンスに基づいて、個々の国民に最適な予防法、早期発見・検診法、健康寿命延伸法をガイドラインなどにして政策提言します。さらには、国民のがんによる死亡率減少・健康寿命延伸の実現のために、ガイドラインを効果的に社会に普及・実装する有効な方法を、行動科学・サバイバーシップ研究グループとの連携により開発します。

行動科学・サバイバーシップ研究グループ

がんサバイバー・家族の健康寿命の延伸に資する研究を行い、科学的根拠に基づく健康介入法を提案するとともに、普及・実装科学や症状別推奨評価など行動科学を基盤とした研究を行います。

研究基盤グループ

社会と健康という大きな枠組みにおいて、適正な研究の実施を支援し、様々な問題を解決し、最高の研究成果が最善の形で社会に還元されるための流れを整え、医学・公衆衛生研究を支える基盤となる研究を推進します。