コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 広報活動 > セミナー・研修・イベント > JH Symposium2022

JH Symposium2022コロナで変わる、コロナを変える~JHがつなぐ6つの国立高度専門医療研究センターの取り組み~

20221102.jpg

国立高度専門医療研究センター 医療研究連携推進本部(Japan Health Research Promotion Bureau:JH)は2022年11月2日(水曜日)にオンラインシンポジウム「コロナで変わる、コロナを変える~JHがつなぐ6つの国立高度専門医療研究センターの取り組み~」を開催いたします。
新型コロナウイルスの流行が始まった2020年から3年近くが経ち、私たちを取り巻く環境や生活様式、考え方など、様々なことが大きく変化しました。それは、医療の現場においても同じです。
JHでは、コロナ禍における変化が、医療従事者にどのような影響を及ぼしたのか、新型コロナウイルスに対する診療、治療薬・予防薬の開発など、日本の6つの国立高度専門医療研究センター(ナショナルセンター: NC)が連携して行っている研究を支援しています。
本シンポジウムでは、JHが支援する新型コロナウイルスに関する研究の成果を発表させていただきます。どなたでもご覧いただけますので、是非ご参加ください。

開催概要

主催

国立高度専門医療研究センター 医療研究連携推進本部(JH)

開催日時

2022年11月2日(水曜日)14時00分~16時00分

開催形式

zoomを使ったオンライン開催

定員

3000名

プログラム

開会の挨拶

中込 和幸
国立精神・神経医療研究センター 理事長

来賓挨拶

浅沼 一成
厚生労働省大臣官房危機管理・医務技術総括審議官

JH概要

植木 浩二郎
JH本部長:国立国際医療研究センター

各研究発表

  1. 【新型コロナウイルス感染症 これまでにわかったこと】
    河岡 義裕(国立国際医療研究センター、東京大学医科学研究所)

  2. 【新型コロナ流行は6NCの診療にどう影響したのか ~6NC統合電子 カルテデータベース6NC-EHRsから見える非感染性疾患への影響~】
    北村 真吾(国立精神・神経医療研究センター)

  3. 【コロナ禍におけるSARS-CoV-2抗体検査実用化に向けた産学連携研究】
    濱田 哲暢(国立がん研究センター)

  4. 【新型コロナウイルス感染症はワクチン接種後になぜ急拡大したのか ~抗体検査からみえたこと~】
    溝上 哲也(国立国際医療研究センター)

総合討論

 

閉会の挨拶

國土 典宏
国立国際医療研究センター 理事長

参加申し込み

【11月2日開催】JH Symposium2022申し込みフォーム

参加申込の締切は10月27日(木曜日)となっております。
それ以降のお申込につきましては、下記運営事務局までお問合せください。

お問い合わせ

JH Symposium 2022 運営事務局(10時00分~18時00分 土日・祝日を除く)
TEL: 03-5273-6856
FAX: 03-5273-6857
E-mail: jh_symposium_office●jh.ncgm.go.jp

若手研究課題・プレゼンテーション動画の配信

当日講演のとは別に、JHが支援する全ての若手研究課題(23課題)について、プレゼンテーション動画を配信いたします。動画をご覧いただいた上で投票を募り、得票数の最も多い課題についてはJH本部長表彰および追加の助成を行いますので、ご投票をお願いいたします。
こちらのページは、シンポジウム参加者およびNC職員のみ閲覧できます。ご登録後にお送りするメールに記載されている、IDとパスワードをご入力ください。

プレゼンテーション動画のページ

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。