コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 広報活動 > プレスリリース > 国立がん研究センター・慈恵大学包括協定について

医療・教育・研究等の連携・交流に向けて、独立行政法人国立がん研究センターと学校法人慈恵大学とが包括協定を締結します。国立がん研究センター・慈恵大学包括協定について

2015年3月30日
独立行政法人国立がん研究センター
学校法人慈恵大学

独立行政法人国立がん研究センター(理事長:堀田 知光、以下「国立がん研究センター」と言います)と学校法人慈恵大学(外部サイトにリンクします)(理事長:栗原 敏、以下「慈恵大学」と言います)は、平成27年4月1日付で医療・教育・研究等に関わる連携・交流を促進する包括協定を締結します。本日3月30日に学校法人慈恵大学にて協定書の調印式を行いました。

本協定は、国立がん研究センターと慈恵大学それぞれの社会的役割を踏まえ連携することにより双方の機能強化を図り、大学とナショナルセンターとの新しい連携モデルの構築を目指すものです。国立がん研究センターが、教育・研究のみならず医療連携を含めた包括協定を大学と締結するのは今回が初めてで、また慈恵大学も包括協定の締結は初めてです。

本協定の概要

協定締結の目的

今回、両機関が医療・教育・研究等に関わる連携・交流を促進する包括提携を結ぶことにより、医療スタッフ、研究者、事務担当者間の交流や共同研究、大学院生・学生に対する多様な教育機会の提供、両機関附属病院が有する豊富な臨床経験・技術の共有と協力、知財管理や産学官連携に関する情報交換などの可能性が広がり、その中から具体的な連携協力事業を産み出すこと、さらにはそれらの成果が国民に還元されることが期待されます。

国立がん研究センターの歴史・概要・特徴

国立がん研究センターは、1962(昭和37)年にわが国のがん医療の拠点となる国立機関として創設されて以来、全国のがん患者さんに標準医療を提供するため、がんの病態解明と治療開発に向けた先端的な研究を行い、適正な臨床試験によって確立された根拠に基づくがん医療を実践する場として専門医療従事者養成の中心的な役割を担ってきました。現在、東京都中央区築地の中央病院、研究所、がん予防・検診研究センター、がん対策情報センターと、千葉県柏市の東病院、横断的組織の早期・探索臨床研究センターで構成されており、2010(平成22)年の独立行政法人化以降もがん専門のナショナルセンターとして日本のがん医療の発展に貢献しています。

国立がん研究センターは、本年2015(平成27)年4月に「独立行政法人」から大学又は民間企業が取り組みがたい課題への取り組みを強化し、研究開発成果の最大化を目指す「国立研究開発法人」へ移行します。今後も、本締結をはじめ様々なかたちで大学、民間企業との連携を促進し、「がんにならない、がんに負けない、がんと生きる社会」の実現に向け取り組むとともに、日本のがん医療の発展に寄与して参ります。

慈恵大学の歴史・概要・特徴

東京慈恵会医科大学は、1881(明治14)年に高木兼寛によって設立された歴史ある私立医科大学です。1885年には看護婦教育所を開設し、その後学校法人慈恵大学として現在に至り、多くの優れた医療人を輩出してきました。患者中心の医療“病気を診ずして病人を診よ”を診療・教育・研究の理念とし、「医師と看護師は車の両輪」というチーム医療をいち早く実践しました。本院(東京都港区西新橋)を中心に柏病院(千葉県柏市)など4附属病院との機能分化、さらに地域の医療機関や慈恵同窓との連携力を活かした地域医療から高度医療、そして基礎研究から臨床研究に至るまで、世界の医療・教育・研究を牽引する大学、附属病院をめざしています。本年は、本学の看護教育が始まって130年をむかえ、記念行事が予定されています。

今後の取組み

両機関は、速やかに実務代表者からなる「慈恵大学・国立がん研究センター連携推進協議会」を設置し、本協定を踏まえた各種連携協力事業を選定し、それぞれワーキンググループをおいて検討・実行に移します。また同協議会は定期的に連携協力事業の進捗状況を確認し、実効性のある協定の実現を推進します。

診療面では国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)と慈恵大学附属病院(東京都港区)、国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)と慈恵大学附属柏病院(千葉県柏市)間を中心に、がん診療に関わる併存症・合併症への対応、高度ながん診療対応や看護師の専門性強化などに向け連携を図ります。

  • 写真
  • 写真

(写真左)左から 学校法人慈恵大学 落合 和徳病院長補佐、丸毛 啓史病院長、松藤 千弥学長、栗原 敏理事長、国立がん研究センター 堀田 知光理事長・総長、藤原 康弘企画戦略局長

(写真右)左から 学校法人慈恵大学 松藤 千弥学長、栗原 敏理事長、国立がん研究センター 堀田 知光理事長・総長

プレスリリース

  • 国立がん研究センター・慈恵大学包括協定について

関連ファイルをご覧ください。

報道関係からのお問い合わせ先

独立行政法人国立がん研究センター(2015年4月より 国立研究開発法人国立がん研究センター)
郵便番号:104-0045 東京都中央区築地5-1-1
企画戦略局 広報企画室
電話番号:03-3542-2511(代表)
ファクス番号:03-3542-2545
Eメール:ncc-admin●ncc.go.jp(●を@に置き換えください)

学校法人慈恵大学
郵便番号:105-8461 東京都港区西新橋3-25-8
広報推進室 高橋 誠
電話番号:03-5400-1269(直通)
Eメール:koho●jikei.ac.jp(●を@に置き換えください)

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。