コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 広報活動 > プレスリリース > NEXT医療機器開発センター、ジャパンバイオデザインと連携開始─東病院の人材・技術と最先端の設備を提供─

NEXT医療機器開発センター、ジャパンバイオデザインと連携開始─東病院の人材・技術と最先端の設備を提供─

2017年8月31日
国立研究開発法人 国立がん研究センター

国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:中釜 斉、東京都中央区、略称:国がん)、東病院(院長:大津 敦、千葉県柏市)NEXT医療機器開発センターは、一般社団法人ジャパンバイオデザイン協会(東京都千代田区)と連携して医療機器開発における人材育成プログラム「バイオデザイン注:」の企業向けセミナーに参画しました。「バイオデザイン」はアメリカ・スタンフォード大学発のデザイン思考を基にした医療機器イノベーションを牽引する人材育成プログラムで、日本では、2015年国立3大学(東京大学、大阪大学、東北大学)で同プログラムの共同開発事業を進め、医療機器のイノベーションリーダーを育成するプログラムを支援しています。NEXT医療機器開発センターは、バイオデザインプログラムの運営事務局である(一社)ジャパンバイオデザイン協会が企画・運営する企業向け短期集中コースのうち3日間、医療現場観察実習の施設として指名された医療機関です。

3日間の医療現場観察プログラムは、(1)手術室での手術見学 (2)医師の説明を受けながらの内視鏡手術のライブ映像視聴からなっており、医学的知識、医師の体験などの具体的な解説を聞きながら学ぶことができる有意義な構成になっています。

  • 医療現場観察プログラム 風景

  • 医療現場観察プログラム 風景

受講生からは「長年、医療機器開発に携わってきたが、このような距離感で医師と臨床現場でディスカッションするのは初めてだった」「ライブ手術設備や模擬手術室、トレーニング室など、実臨床を可能な限り近くで体験しデバイス開発に繋げるのに理想的な環境だ」などの声が上がっており、受講生からすでに多くの医療現場ニーズが抽出されています。今回のプログラムを企画した同協会の出江紳一代表理事は「NEXT医療機器開発センターの充実した設備と、積極的に協力してくれた医師のお蔭で、非常に水準の高いプログラムを提供することができた。受講生がこの現場観察結果を製品開発に繋げることを期待します。」と述べています。

NEXT医療機器開発センターは3つの柱(医療機器開発の促進、医工連携の支援、医療機器イノベーションの支援・人材育成)をもとに2017年5月に開設されました。すでに企業と共同で医療機器開発の推進と支援に着手する一方、機器開発のみならずインキュベーション施設としての役割も担っており、人材育成プログラムの一つとして本プログラムを開始しました。開設当初から産官が密接して共同開発を進めるため企業・大学等との共同開発スペースを設け、シームレスな環境を作りました。将来的には、がんセンター発のベンチャー企業創出を目指しています。

バイオデザインについて

注:バイオデザイン・・・2001年にスタンフォード大学のポール・ヨック博士らが、デザイン思考をもとにした医療機器イノベーションを牽引する人材育成プログラムとして開始しました。開発の初期段階から事業化の視点も検証しながら、医療現場のニーズを出発点として問題の解決策を開発し、イノベーションを実現するアプローチを特徴とするプログラムです。フェローシップと呼ばれる約1年間のコースには、世界各国から応募があり、18倍を超える高い競争率の中、年間で8名が選抜されます。14年間で40社の起業を実現し、400件以上の特許出願がなされました。また、50万人を超える患者が、本プログラムで創出されたデバイスによる恩恵を受けております。現在、インド、シンガポール、アイルランド、イギリスで導入され、さらには、中国やブラジルをはじめとする世界中で導入が検討されています。(ジャパンバイオデザイン協会HPより転載)

ジャパン・バイオデザイン

スタンフォード大学と大阪大学、東京大学、東北大学が、プログラムディベロップメントパートナーシップを締結し、大阪大学大学院医学系研究科ならびに国際医工情報センター、東京大学医療イノベーションイニシアティブおよび東北大学大学院医工学研究科が実施主体となり、日本メドテックイノベーション協会とともにフェローシップ、クラスおよび各種セミナーを行います。(ジャパンバイオデザイン協会HPより転載)

2016年のジャパン・バイオデザインのフェローは8名で構成されており、10月~7月各大学で行うプログラムにフルタイムで研修しています。東大のフェローに、東病院大腸外科/手術機器開発室の竹下修由医師が選出されています。

プレスリリース

NEXT医療機器開発センター、ジャパンバイオデザインと連携開始 ─東病院の人材・技術と最先端の設備を提供─ (PDF:449KB)

報道関係からのお問い合せ先

国立研究開発法人国立がん研究センター
企画戦略局 広報企画室(柏キャンパス)
電話番号: 04-7134-6945(直通)04-7133-1111(代表)
Eメール:ncc-admin●ncc.go.jp(●を@に置き換えください)

一般社団法人ジャパンバイオデザイン協会 事務局
電話番号: 03-6265-6885
Eメール:secretariat●jamti.or.jp(●を@に置き換えください)

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。