コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > お知らせ > 第3回 医学生・研修医のための腫瘍内科セミナー

第3回 医学生・研修医のための腫瘍内科セミナー

終了しました。

セミナーの内容

腫瘍内科医(がん薬物療法専門医)の必要性が高まっている中、「腫瘍内科とはどういう学問なのか?」「がん診療における腫瘍内科医の役割は何か?」「腫瘍内科医になるためにどういったトレーニングが必要なのか?」などのテーマについて紹介するとともに、グループワークなどを行い、腫瘍内科を広く理解してもらうためのセミナーを計画しました。

主催

国立がんセンター、厚生労働科学研究費補助金がん臨床研究事業「がん医療の均てん化に資するがん医療に携わる専門的な知識および技能を有する医療従事者の育成に関する研究」班

対象

医学部学生、初期研修医(卒後1年目から2年目)

日時

2007年8月4日(土曜日)10時から17時

会場

国際研究交流会館(国立がんセンター築地キャンパス内)
東京都中央区築地5-1-1

講演内容

「日本の腫瘍内科医教育制度に対する展望」
「がん診療における放射線治療医、緩和治療医の役割」
「腫瘍内科医に望むもの 患者の視点から」
「Tumor Board Case Conference」
「がん薬物療法専門医制度について」他、グループワークなど

参加料

無料(交通費 自己負担)

予定人員

120名

申し込み先

郵便番号:104-0045 東京都中央区築地5-1-1
国立がんセンターがん対策情報センター
がん対策企画課
担当:近藤
電話番号:03-3542-2511 内線番号:7253
Eメール:mkondou●ncc.go.jp(●を@に置き換えください)