コンテンツにジャンプ
希少がんセンター

トップページ > イベント > 「神経内分泌腫瘍:総論」肱岡 範
(第39回 希少がんMeet the Expert)

「神経内分泌腫瘍:総論」肱岡 範
(第39回 希少がんMeet the Expert)

更新日 : 2021年2月15日

公開日:2019年8月1日
  • 日時:2019年3月1日金曜日 19時から20時30分
  • 場所:国立がん研究センター中央病院 希少がんセンター待合
  • 講師:肱岡 範 国立がん研究センター希少がんセンター/中央病院肝胆膵内科

動画

第39回神経内分泌腫瘍 総論開会挨拶

第39回神経内分泌腫瘍 総論講演:肱岡 範

第39回神経内分泌腫瘍 総論ディスカッション

開催報告

希少がんを知り・学び・集う「希少がんMeet the Expert」の第39回セミナーが、「神経内分泌腫瘍:総論」をテーマに2019年3月1日に開かれました。今回も定員(30名)を超えて、49名の参加がありました。

まず、開会にあたって、川井章(希少がんセンター長/中央病院骨軟部腫瘍科・リハビリテーション科長)より挨拶がありました。

39mte2

開会挨拶


続いての講演では、肱岡範(希少がんセンター/中央病院肝胆膵内科)が、「神経内分泌腫瘍の発症率や分類」「神経内分泌腫瘍と診断されたら」「手術や薬物療法などの治療」など、最新の知見にもとづく解説をしました。 

39mte3

講師:肱岡 範

39mte1

肱岡 範の講演の様子


ディスカッションは、講演の肱岡範、「しまうまねっと」の松山千恵子さん、司会の加藤陽子(希少がんセンター)が登壇し、がん情報サイト「オンコロ」の川上祥子が進行役を務め、参加者から寄せられたさまざまな質問に答えました。

39mte8

 左から、肱岡 範、松山 千恵子さん、加藤 陽子   
 39mte6

ディスカッションの様子

  • 希子(Mareko)
  • 希少がんホットライン