コンテンツにジャンプ
希少がんセンター

トップページ > さまざまな希少がんの解説

さまざまな希少がんの解説

更新日 : 2022年8月26日

公開日:2014年4月28日

希少がん(きしょうがん)

「希少(きしょう)がん」とは、『人口10万人あたり6例未満の「まれ」な「がん」、数が少ないがゆえに診療・受療上の課題が他に比べて大きいがん種』の総称です。

200種類近い悪性腫瘍が希少がんに分類されますが、ここでは代表的な希少がんの概要・診断・治療などを解説しています。

領域別もくじ

脳・脊髄領域

眼領域

頭頸部領域

乳腺領域

心臓・血管系領域

呼吸器・縦隔領域

消化管領域

肝胆膵領域

内分泌領域

泌尿器・生殖器領域

後腹膜領域

皮膚領域

骨と軟部組織(筋肉や脂肪)領域

血液・リンパ領域

小児領域

複数にまたがる領域


50音別もくじ

  • 慢性リンパ性白血病(まんせいりんぱせいはっけつびょう)