歯科 << 国立がん研究センター東病院

歯科

1.歯科について
2.診療について
3.研究について

1.歯科について

 医員
小西 哲仁 (こにし てつひと)   小西 哲仁 (こにし てつひと) 外来診療日:月〜金
  専門分野:歯科、口腔外科
がんの治療中に生じる口腔内の問題に対し、歯科的なサポートを行っています。治療に伴う口腔合併症を予防、回避するための取り組みを行っています。
 非常勤医師
宮田 利郎 (みやた としろう)   宮田 利郎 (みやた としろう) 外来診療日:(第2・第4)
  専門分野:歯科、口腔外科
 非常勤医師
金田 朋子 (かねだ ともこ)   金田 朋子 (かねだ ともこ) 外来診療日:
  専門分野:歯科、口腔外科

歯科では、がん治療に伴う全ての口腔内合併症を対象に診療しています。

口腔内は、全てのがん治療を行うにあたり効果的に管理することが必要とされております。 問題を抱え、改善されないまま手術・抗がん剤・放射線の治療を行うと、歯科疾患や深刻な口腔合併症が発生することがあり、がん治療が中断されたり遅延したりすることがあります。これら合併症に対応し、一般的な歯科治療を提供するだけでなく、副作用および口内炎、鵞口瘡および口腔乾燥症などの、癌治療の後遺症発症の抑制に努めます。二次的な合併症の発症を抑制するよう、がん治療前・治療中・治療後の継続的な口腔管理を行い、生活の質を最大限に維持できるよう、医師・看護師と綿密に連携しがん治療をサポートする腫瘍チームの一員として対応してまいります。

現在歯科医師は、スタッフ1人、非常勤2人で毎日外来と病棟往診の診療を行っています。 全ての診療科、地域の歯科医院とも協力して、継続的により良い口腔内環境を提供するための努力を積極的に行っています。

2.診療について

1)診療内容

手術前後の周術期口腔ケア介入(歯科口腔衛生指導)によって誤嚥性肺炎や創部の感染防止を行い、合併症の軽減に努めています。周術期外来と連携し、積極的な管理を頭頸部がん・食道がん・肺がん(高リスク)の術前に行なっています。
術後欠損部位の機能保持に関して早期に良好な義歯やプロテーゼを作成することで、音声言語や摂食機能の改善を図り、治療後の生活の質向上を保ちます。
化学療法を行う場合、体の抵抗力の低下や投与するお薬の種類により、口腔粘膜炎や口腔内のトラブルが出現する割合が高くなります。それらへの感染防止や疼痛などの症状軽減を図り治療完遂を支援します。
骨吸収抑制作用を持つ薬剤ビスフォスフォネート製剤、抗ランクル抗体、血管新生抑制作用を持つ抗がん剤によって生ずる可能性がある顎骨壊死への対応
頭頸部がんの放射線治療後に生じる合併症、口腔乾燥、味覚障害、開口障害、齲蝕の多発、放射線性開口障害、顎骨壊死などの晩発性障害の発症リスクを可能な限り軽減させるよう支持的介入を行っています。
がん診療において診断早期から終末期まで病期を問わず、口腔内の諸問題(口腔乾燥、口腔の痛み、口内炎、口臭、舌苔など)に対しサポートを行うことで苦痛や不快感を取り除きQOL維持をお手伝いいたします。

2)診療実績

歯科の診療実績 新患者数 再診患者数 患者総数
平成26年1-12月 874名 7,491名 8,365名
平成27年1-12月 1,006名 8,375名 9,381名
平成28年1-12月 1,072名 8,583名 9,655名

3.研究について


口腔ケアなどの支持療法を積極的に活用することで、合併症および有害事象の発生などの軽減に関する多施設共同研究に参加しています。
頭頸部の放射線治療後に生じる多発性う蝕および放射線性骨髄炎に関する研究・検討を行うとともに、栄養サポートチームへの参加を行っています。
放射線治療に伴う口内炎グレーディングアトラス作成前向きコホート研究
エストロゲンレセプター陽性再発乳癌を対象としたエベロリムス使用症例における口内炎予防のための歯科介入無作為化第V相試験Comprehensive Support Project for Oncology Research(CSPOR)