消化管内科 << 国立がん研究センター東病院
東病院 > 診療科のご案内 > 消化管内科

消化管内科

1.消化管内科について
2.診療について
3.研究について

1.消化管内科について

 消化管内科長 (先端医療開発センター トランスレーショナルリサーチ分野 併任)
吉野 孝之 (よしの たかゆき)   吉野 孝之 (よしの たかゆき) 外来診療日:火・水・木
患者目線で世界最高レベルのがん医療を実践しています。患者さんごとに最善の治療は異なりますので、一緒に取り組んでいきましょう。
 先端医療科長 (副院長[研究担当]、先端医療開発センター 新薬臨床開発分野長  併任)
土井 俊彦 (どい としひこ)   土井 俊彦 (どい としひこ) 外来診療日:月・火・木
  専門医・認定医資格など:
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本内科学会 認定内科医
最先端の医療を安心して行えるような実地診療を目指します。
 医長
小島 隆嗣 (こじま たかし)   小島 隆嗣 (こじま たかし) 外来診療日:月・火・木
  専門医・認定医資格など:
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
元気に長生きすることを目標に、最良と思われる治療を一緒に考えましょう。
 医員 (先端医療開発センター 新薬臨床開発分野 併任)
設樂 紘平 (したら こうへい)   設樂 紘平 (したら こうへい) 外来診療日:月・水・木・金
  専門医・認定医資格など:
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
日本内科学会 認定内科医
胃がん・大腸がんに対する内科的治療を主に担当しています。また、新規抗がん剤の早期開発試験も数多く担当しています。病気がよくなるように一緒に頑張っていきましょう。
 医員
坂東 英明(ばんどう ひであき)   坂東 英明 (ばんどう ひであき) 外来診療日:月・火・水・金
  専門医・認定医資格など:
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・指導医
食道がん、胃がん、大腸がんを中心に消化管のがん全般の化学療法を担当しています。一人ひとりの患者さんに、その方に合った最善の治療を提案していきます。
 医員 (先端医療科、先端医療開発センター 新薬臨床開発分野 併任)
久保木 恭利(くぼき やすとし)   久保木 恭利 (くぼき やすとし) 外来診療日:火・水・金
  専門医・認定医資格など:
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
胃がん、大腸がん、食道がんを中心の化学療法を担当しています。患者さんのご希望を聞きつつ、適切かつ最善な医療の提供を行っていきます。新規抗がん剤の早期開発臨床試験にも取り組んでいますので、迷ったり、悩んだりしたときは何でもご相談ください。
 医員 (臨床研究支援部門臨床研究支援室 併任)
布施 望(ふせ のぞむ)   布施 望 (ふせ のぞむ) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本内科学会 総合内科専門医
 がん専門修練医
 福岡 聖大(ふくおか しょうた)    福岡 聖大 (ふくおか しょうた) 外来診療日:水・木・金
  専門医・認定医資格など:
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
日本内科学会 認定内科医
食道がん、胃がん、大腸がんを中心に消化管のがん全般の化学療法を担当しています。患者さんに安心して治療に臨んで頂けるよう、十分な御説明・御相談の上で診療を行ってまいります。一緒に頑張りましょう。
 がん専門修練医
川添 彬人(かわぞえ あきひと)   川添 彬人 (かわぞえ あきひと) 外来診療日:月・火・金
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 認定内科医
胃がん、大腸がん、食道がんを中心に化学療法を担当しています。悩んでいること、困っていることなど何でもご相談ください。

消化管内科では、消化管がんを中心とする化学療法に関する診療と研究を行っています。世界の最新エビデンス(科学的根拠)に基づいた消化管がん薬物療法の提供ならびによりよい標準治療を確立するため、標準治療をベースとする新規併用療法の開発、さらに多くの新薬開発を行っています。特に、胃・大腸・食道・消化管間質腫瘍(GIST)の新薬開発においては、国内外における中心的な役割を担っています。治療の際には十分な説明(インフォームド・コンセント)によって、患者さんご自身がご自分の病気をよく理解されたうえで治療を開始することを念頭にしています。

当科が専門とする分野
・食道がんの化学療法、化学放射線療法
・胃がんの化学療法
・大腸がんの化学療法
・十二指腸、小腸、肛門管がんに対する化学療法
消化管間質腫瘍(GIST)の化学療法

2.診療について

診療における国立がん研究センター東病院の特徴は、個々の患者さんの治療方針を決める過程にあります。外来でも入院でも担当医師個人が患者さんの治療方針を決めるのではなく、消化管内科グループ、消化管内視鏡科グループ、外科グループ、放射線治療グループ、放射線診断グループに所属する多数の医師が集まって話し合い、総合的な判断によって個々の患者さんに合った治療を決めて行く方針をとっています。この方法によって、個人の偏った診断や部署ごとの方針の違いがなくなり、現在最もよいと考える治療が患者さんに提供できるのです。この点は、当院が最も誇りとするところです。また、診療においては医師だけではなく、看護師、薬剤師を含むチーム医療を行っており、個々の患者さんにとって最適の治療を提供するために治療方針を総合的に検討し、入院の目的を明確にした治療計画を提示することを心掛けています。

1)診療内容

(1)食道がん
食道がんの治療には手術、化学療法、放射線治療、内視鏡治療や、これらを組み合わせた治療があります。病気の進行度や患者さんのお体の状態などにより、それぞれの患者さんに最も適切と思われる治療が行われます。手術、化学療法、放射線治療、内視鏡治療が密接にかかわり合い、可能な限り根治性を追求しているのが当院における食道がん治療の特徴です。

切除可能な食道がんに対する標準的な治療は外科手術ですが、外科手術を負担に感じる患者さんも少なくありません。非外科的治療でありながら根治が期待できる化学放射線療法も積極的に行っています。化学放射線療法は、抗がん剤と放射線治療を併用して治療します。体への負担が外科手術に比べて軽く、食道の温存が期待できる治療方法です。外科手術を希望される患者さんでは、ステージによっては術前に化学療法を行ったほうが治療成績の向上が得られることが明らかになっており、術前に化学療法を行っています。

根治治療が困難なステージの患者さんに対しては、標準的な化学療法を積極的に行っています。元気に長生きを目指して症状を緩和する放射線治療を組み合わせた化学療法も行うことが重要です。さらには新薬を用いた臨床試験(治験)も多数実施していますので適宜お問い合わせいただけましたら幸いです。

(2)胃がん
切除不能進行・再発胃がん患者さんに対しては、研究的な治療も含めて抗がん剤治療を積極的に行っています。短期間で治癒することは困難ですが、抗がん剤治療を行うことにより、がんによる症状を和らげ、良い状態で長生きすることが目指せます。現在使用されている薬剤は、5-FU系抗がん剤(S-1やカペシタビン)、シスプラチン、イリノテカン、タキサン系抗がん剤で、これらを組み合わせて治療を行います。また、HER2検査を行い、HER2陽性例には特異的な分子標的薬であるトラスツヅマブの併用を行うことが最善の治療となりますので、がん細胞におけるHER2検査が重要です。一次治療を行った後に病状が悪化した際の二次治療以降においては、通常の抗がん剤に血管新生阻害剤のラムシルマブを使用することでさらに高い効果が示されています。当センターでは、新薬の有効性を検討する治験や新たな薬剤の組み合わせを検討する臨床試験へ参加することも選択肢となります。治験や臨床試験については、時期や患者さんの状態により参加が不可能なこともありますので、詳細は実際に受診した際にお問い合わせいただければ幸いです。 2016年4月現在の研究的治療について、以下に簡単に概説いたします。

初回化学療法ではPDL1陽性例に対して免疫チェックポイント阻害剤(抗PD1抗体)であるペンブロリズマブと標準治療カペシタビン+シスプラチンの併用療法、もしくはペンブロリズマブ単独療法の効果を検討する国際共同試験が進行中です。

二次治療以降においては、ラムシルマブとアブラキサンの併用を検討する第II相試験、また特殊型の胃癌(マイクロサテライト不安定性、EBV陽性)に対する抗PD1抗体の有効性を検討する第II相試験, 標準治療抵抗性例に対してTAS102の有効性を検討する国際共同試験などのさまざまな治験が進行中です。

また、治験に参加することが困難な患者さんに対しても、承認薬を用いた最善の治療をご提供させていただきます。 化学療法のみならず、緩和医療科とも共同し、入院もしくは外来にて症状緩和にも努めています。

ステージ2期と3期の胃がんの外科切除後の患者さんに対しては、再発の抑制を目的とした術後補助化学療法を行っています。

(3)大腸がん
切除不能・再発大腸がんの治療はこの10年で劇的に進歩しました。これまで承認されていた5-FU、イリノテカンに加えて2005年にオキサリプラチンが承認されたのに始まり、2007年にベバシズマブ、2008年にセツキシマブ、2009年にカペシタビン、2010年にパニツムマブ、2013年にレゴラフェニブ、そして2014年5月にTAS-102と、毎年のように新しい薬が承認されています。現在も新規の治験が行われており、さらに新しい薬の登場が期待されています。残念ながら抗がん剤治療のみでがんを根治することは困難ですが、これら有効な薬剤を適切に用いることで、最近の報告では無治療の5倍以上生存期間中央値を延長できることが報告されています。

また、切除不能・再発大腸がんの治療は、遺伝子検査により個々の患者さんに適切な治療を選択する、個別化医療へと移りつつあります。初診の患者さんの多くは、大腸内視鏡検査や手術で採取したがん組織を使ってRAS(ラス)という遺伝子を調べた後に治療を開始します。具体的にはRAS遺伝子に傷がない(野生型といいます)患者さんには、セツキシマブ、パニツムマブのような抗EGFR抗体薬というタイプの薬の効果が期待され、逆に傷がある(変異型といいます)患者さんには効果が期待できないことがわかっていますので、その結果で選択する薬剤を決定します。 さらに当院では臨床研究として、様々な遺伝子の異常を網羅的に解析しており、その結果も臨床の方針決定の参考にしています。

初回に行う治療(一次治療)として5-FU/カペシタビンとオキサリプラチンを組み合わせたFOLFOX/XELOX療法、または5-FUとイリノテカンを組み合わせたFOLFIRI療法に、分子標的薬であるベバシズマブまたは抗EGFR抗体薬(セツキシマブ、パニツムマブ)を併用した治療を行います。どの治療を行うかは、遺伝子検査の結果、患者さんの全身状態、病気の状況、予想される副作用から選択されます。

一次治療で効果が得られても、その後効果が得られなくなり病気が進行してくる“耐性”がほとんどの場合起こります。その際には、次に行う治療(二次治療)として、基本的に一次治療で使用していない抗がん剤を使用して治療を行います。具体的には、FOLFOX療法で治療を開始した場合はFOLFIRI療法を二次治療に用います。分子標的薬もベバシズマブの場合は二次治療以降も継続することもありますが、遺伝子検査の結果をふまえて、抗EGFR抗体薬を二次治療に用いることもあります。レゴラフェニブやTAS-102は三次治療以降の治療に使われます。

さらに当院は、治験や臨床試験にも積極的に参加しています。現在BRAF(ビーラフ)遺伝子変異陽性や高頻度マイクロサテライト不安定性といった、遺伝子に異常がある特殊な大腸がんに対して、新しい抗がん剤の組み合わせや免疫チェックポイント阻害剤(抗PD1抗体)であるペンブロリズマブの効果をみる治験が行われており、該当する患者さんには積極的に新しく、効果が期待できる治療を提案していきます。

ステージ2期の一部と3期の大腸がんの外科切除後の患者さんに対しては、再発の抑制を目的とした術後補助化学療法を行っています。

2)診療実績

表1 2015年 新患患者数
  新規患者数
食道がん 328
胃がん 240
大腸がん 335
その他 58
961

3)治療成績

表2 2015年 治療症例数
  治療 患者数
食道がん 化学療法(化学放射線療法含む) 185
胃がん 化学療法 175
大腸がん 化学療法 317

3.研究について

・消化管がんの新しい治療法を開発するため、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)や西日本がん研究機構(WJOG)などの多施設共同研究グループに参加し、臨床試験を活発に行っています。また、新薬の臨床試験(治験)も多数行っています。詳しくは担当医にご質問ください。

・新薬の臨床試験(治験)については治験についての項をご参照ください。