頭頸部外科 << 国立がん研究センター東病院
東病院 > 診療科のご案内 > 頭頸部外科

頭頸部外科

1.頭頸部外科について
2.診療について
3.研究について

1.頭頸部外科について

 頭頸部外科長 (副院長[診療・経営担当] 併任)
林 隆一 (はやし りゅういち)   林 隆一 (はやし りゅういち) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本気管食道科学会 気管食道科専門医
日本頭頸部外科学会 頭頸部がん専門医
内分泌・甲状腺外科専門医
頭頸部領域には、摂食・会話など、日常生活で欠かせない機能がたくさんあります。がんの根治と温存に向けて一緒に取り組んでいきましょう。
 医長
篠ア 剛 (しのざき たけし)   篠ア 剛 (しのざき たけし) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医
日本頭頸部外科学会 頭頸部がん専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
頭頸部がんの診療は「食べる、しゃべる、外見の変化」といったさまざまなことに影響してきます。わかりやすく説明し、納得して治療を受けていただけるように心がけています。
 医員
富岡 利文 (とみおか としふみ)   富岡 利文 (とみおか としふみ) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本気管食道科学会 気管食道科専門医
日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医
日本頭頸部外科学会 頭頸部がん専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
 医員
丸尾 貴志 (まるお たかし)   丸尾 貴志 (まるお たかし) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医
日本頭頸部外科学会 頭頸部がん専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
 医員
岡野 渉 (おかの わたる)   岡野 渉 (おかの わたる) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本耳鼻咽喉科学会
耳鼻咽喉科専門医、指導医
日本頭頸部外科学会 頭頸部がん専門医
日本気管食道科学会 気管食道科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
根治性と機能温存を目指した治療を安全に提供できるように心がけています。 困ったことがあれば気軽にご相談ください。

頭頸部がんとは、頭部・顔面・頸部に発生する悪性腫瘍の総称で、一般的には脳や脊髄、眼窩内に発生する腫瘍を除いた耳鼻咽喉科領域に生じるがんを指します。

頭頸部は日常生活に欠かすことのできない重要な機能(摂食や会話、各種感覚)の集約された部位です。したがって治療においては、がん病変を根治することとともに、治療後の"生活の質(Quality of Life;QOL)"も保つことが必要となります。

2.診療について

1)診療内容

当科はその頭頸部がんの中心的な治療である手術を担う部門です。舌がんを含めた口腔がん、喉頭がん、下咽頭・頸部食道がん、中咽頭がんの治療がその多くを占めています。2015年に当科の新規の患者数は543例で、その内訳は口腔がん125例、喉頭がん73例、咽頭がん158例、鼻副鼻腔がん33例、甲状腺がん85例、唾液腺がん34例、その他35例でした。2015年の手術件数は531件であり(表1)、遊離組織移植を主とした再建手術が100件と全身麻酔手術434件の23%を占め、進行がんが多いことも特色です。

2)診療実績

表1 切除部位、術式内訳
全身麻酔  
    口腔 124
    中咽頭 48
    下咽頭 89
    喉頭 26
    鼻副鼻腔 9
    甲状腺 46
    大唾液腺 23
    頸部郭清単独 64
    その他 5
    局所麻酔 97
531

局所進行がんでは、1980年代からの顕微鏡下血管吻合を用いた遊離組織移植の開発により、広範囲切除術後の機能・整容的な保持が可能になったことで、外科治療は飛躍的に進歩しました。国立がんセンターでは早期から形成外科の協力を得て、遊離組織移植を導入しておりその実績は国内有数です。頭頸部内科放射線治療科消化管内科とも連携し集学的治療を行っており、頭頸部がんの病床数としては全国有数の規模となっています。

当科の手術の特色としては機能温存手術があります。喉頭や下咽頭の部分切除といった会話や摂食機能を温存する術式の開発を行ってきました。また口腔・中咽頭がんの切除のでは下口唇・下顎骨の切離を避け、かつ保存的な切除を行うことで、機能や整容面の保持と根治性確保の両立を図っています。頸部リンパ節転移に対する頚部郭清術では頸部の筋肉や静脈、神経を温存した保存的頸部郭清術を原則としています。

近年、内視鏡の光学技術の進歩、頭頸部がんハイリスク群が明らかになり、頭頸部の表在がんが発見されるようになりました。頭頸部表在がんに対しては消化管内視鏡科と協力して、内視鏡的咽喉頭手術(ELPS)を行っています。

口腔ケアは術後合併症率の低下に寄与することが明らかになっています。また、術前外来では手術の解説を看護師が行っており納得して治療が受けられるように支援しています。このように歯科をはじめ支持療法チームとも緊密に連携し診療を行っています。

3.研究について

  1. 頭頸部表在癌全国登録調査
  2. 頭頸部扁平上皮癌level IIbおよびlevel V領域の転移状況の観察研究
  3. 進行中咽頭側壁癌の治療後嚥下障害に関する研究
  4. 進行上顎洞癌に対する超選択的動注化学療法を併用した放射線治療による新規治療法開発に 関する研究