大腸外科 << 国立がん研究センター東病院

大腸外科

1.大腸外科(大腸骨盤外科)について
2.診療について
3.研究について

1.大腸外科(大腸骨盤外科)について

 大腸外科長 先端医療開発センター 手術機器開発分野長 併任)
伊藤 雅昭 (いとう まさあき)   伊藤 雅昭 (いとう まさあき) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医
日本内視鏡外科学会 内視鏡外科技術認定医
大腸がんのことであればどのようなことでもご相談ください。我々が目指していることは、「より機能を残し、やさしく治す」外科治療を広く提供することであります。
 医員
西澤 祐吏 (にしざわ ゆうじ)   西澤 祐吏 (にしざわ ゆうじ) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医、消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会 内視鏡外科技術認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
現在の手術精度を高めるための精進と、将来の大腸がん治療の創造を惜しみません。(趣味:釣り、ロック、散歩)
 医員
佐々木 剛志 (ささき たけし)   佐々木 剛志 (ささき たけし) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医
日本内視鏡外科学会 内視鏡外科技術認定医
手術後の生活を一緒に想像し、それを可能な限り実現できる治療を心がけています。患者さんひとりひとりの状況に合ったオーダーメイド型治療が目標です。
 医員
塚田 祐一郎 (つかだ ゆういちろう)   塚田 祐一郎 (つかだ ゆういちろう) 外来診療日:月・金
  専門医・認定医資格など:
日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医
消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会 内視鏡外科技術認定医
患者さん一人ひとりにとって何が一番幸せかを常に考えながら診療にあたっています。どのようなことでも遠慮せずにお話ください。共に頑張りましょう。
 非常勤医師
齋藤 典男 (さいとう のりお)   齋藤 典男 (さいとう のりお) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医
日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医
大腸がん、特に直腸がんでは根治性とQOLの面が重要となります。患者さんごとに、合理的な治療を提案しようと思っています。

2.診療について

1)診療内容

私たち大腸外科(大腸骨盤外科)は、主に大腸がんの外科治療を担っています。当科は泌尿器・後腹膜腫瘍科ともに一緒のグループで診療にあたり、大腸および骨盤内の悪性腫瘍病変全般に対する外科的治療に対応できるようになっています。私たちの専門分野は結腸・直腸がんであり、特に排便機能、排尿機能、および性機能といったさまざまな機能に関連する直腸がんを中心とした骨盤内悪性腫瘍を積極的に扱っています。また肛門や膀胱を失う可能性のある手術において根治性および機能温存を重要視した新たな手術を取り入れています。そして術後機能障害に対してはできる限り、最先端の外科的研究を駆使した機能温存、再建あるいは臓器温存を心がけています。

2)診療実績

大腸がんの年間手術件数は約500例以上で増加傾向にあり、特に直腸がんの比率が高いのが当科の特徴です。その主な理由は、直腸がんに対する新たな肛門温存手術を日本でいち早く取り入れ、その機能温存治療を求めて来院する患者さんが年々増えてきたことによります。この手術は従来の方法では、永久人工肛門を余儀なくされてきた肛門に近い直腸がんに対して、括約筋の一部を切除して肛門を温存しながら、がんを取り除く手術(図1に示すように内肛門括約筋切除を伴う直腸切除:ISR)を行います。当科ではこのISR手術をこれまでに日本で最も多く行ってきた実績があり、今なお症例は増加傾向にあります。このISR手術法による肛門温存率は約95%におよびます。しかし本治療方法はいまだ標準治療とは言えない段階ですが、その中間における治療成績や残存排便機能については容認される状況を示しています。今後のさらなる長期の評価を要する段階であります。

表1 2014年手術件数
結腸がん N=160 直腸がん N=216
腹腔鏡下:121 開腹:39 腹腔鏡下:141 ロボット:10 開腹:65
術式 総数 (腹腔鏡
下手術)
術式 総数 (腹腔鏡
下手術)
(ロボット
手術)
S 状結腸切除 59 54 低位前方切除 89 75 8
右(半)結腸切除 31 27 * 経肛門的括約筋間直腸切除 68 51  
回盲部切除 19 18 高位前方切除 11 7 2
結腸部分切除 23 18 腹会陰式直腸切断 8 8  
ハルトマン 2   ハルトマン 2    
高位前方切除 2 1 局所切除 2    
低位前方切除 1 1 骨盤内臓器全摘 4    
左(半)結腸切除 3 2 人工肛門造設 25    
骨盤内臓器全摘 2   その他 7    
人工肛門造設 13    
その他 5  


図1:ISR
当科では2015年までに約500人以上の患者さんにISRを主とした究極的な肛門温存手術を行い、その臨床成績を学会および論文等で広く報告してきました。今後ともこのような根治性を低下させない様々な機能温存手術におけるオピニオンリーダーとしての役割を自覚し、患者さんの高い満足の得られるようなより安全な手術療法の安全な普及に向けて積極的に取り組んでいこうと考えています。

また当科の二つ目の特徴は、腹腔鏡手術の症例を多く手がけてきたことです。腹腔鏡手術は進行がんに対して安全性が十分確立された治療ではないため、日本では従来の傷の大きい開腹手術との比較を行う臨床試験が現在行われています。一方で海外からの報告の結果では、腹腔鏡手術は傷が小さく術後の痛みも少ないばかりでなく、開腹手術と同等の治療成績が示されてきました。日本での臨床試験の結果はまもなく報告されますが、欧米と同様の結果が期待されています。この手術方法の将来性は大変に有望であり、この手術を希望される患者さんには積極的に行ってまいりました。最近ではより高度な腹腔鏡手術の技術改良(より傷の数が少ない、傷が小さい)とその習熟によって、対象疾患は直腸がんを含む大腸がん全体に及ぶようになり、当科における良好な治療成績をさまざまな学会や論文で発表してきました。

当科の三つ目の特徴は、治療メニューが豊富である点であります。手術治療だけでなく、放射線治療、化学療法などを加えた集学的治療を各診療科の専門医との連携をとりながら治療成績の向上のために積極的に行っています。

3)治療成績

直腸癌手術例の臨床病期別生存曲線
直腸癌手術例の臨床病期別生存曲線

直腸癌手術例の病理病期別生存曲線
直腸癌手術例の病理病期別生存曲線

結腸癌手術後の病期別生存率
結腸癌手術例の臨床病期別生存曲線

結腸癌手術例の病理病期別生存曲線
結腸癌手術例の病理病期別生存曲線

我々の治療方針に関して相談したい方は、セカンドオピニオン外来もございますので気軽にご相談ください。
常に最新の医療を提供できるよう、全員で努力しています。

3.研究について

我々国立がん研究センターは、がん患者さんへの良質な治療を提供することが一番重要な仕事だと考えていますが、他にも後継医師の人材教育や将来に向けての最先端医療を積極的に開発、取り入れていく使命もあると考えています。

大腸外科では、次世代の標準治療となりうる新しい治療を目指すための先進的な臨床研究を数多く行っています。

以下にその代表的な研究内容を列記します。
  1. 直腸がんに対する新たな肛門温存手術(内肛門括約筋手術を伴う直腸切除)の妥当性を検証する臨床試験(厚生労働省がん研究助成金研究)
  2. 大腸がんに対する腹腔鏡手術と開腹手術の臨床比較研究(JCOG0404)
  3. 直腸がんに対する腹腔鏡手術の妥当性を検証する研究 (Lap RC)
  4. 直腸がんの側方リンパ節郭清に関する研究(JCOG0212)
  5. 術後フォローアップの標準化に向けた多施設共同研究(厚生労働省がん研究助成金研究)
  6. 大腸がんに対するPET/CTの診断能を評価する研究
  7. 大腸がん肝転移術後の補助療法に関する研究(JCOG0603)
  8. 待機的大腸がん手術の閉創における真皮縫合の手術部位感染症(Surgical Site Infection: SSI) 抑制効果に関する研究(がん研究開発費)
  9. 臨床病期U/V肛門管扁平上皮癌に対するS-1+MMCを同時併用する根治的化学放射線療法の臨床第T/U相試験(JCOG0903)
  10. 局所進行下部直腸癌に対するS-1+L-OHPを同時併用する術前化学放射線療法の臨床第T相試験(がん研究開発費)
  11. 低位前方切除術における一時的人工肛門に関する多施設共同前向き観察研究(大腸癌研究会プロジェクト委員会)
  12. 大腸癌切除における適切な切除手順に関する ランダム化比較試験(NTIT Study)(JCOG1006)
  13. KRAS遺伝子野生型を示し切除可能な肝転移を有する結腸・直腸がん患者を対象とした術前化学療法(mFOLFOX6+セツキシマブ併用療法)と手術療法の忍容性試験
  14. 切除可能な直腸癌術後骨盤内再発の術前補助化学療法を用いた第U相臨床試験(がん研究開発費)
  15. 治癒切除不能進行大腸癌に対する原発巣切除の意義に関するランダム化比較第V相試験(JCOG1007)
  16. 高齢切除不能進行大腸癌に対する全身化学療法に関するランダム化比較第V相試験(JCOG1018)
  17. 肛門温存困難な肛門近傍の局所進行下部直腸癌に対する術前術後FOLFOX療法併用肛門括約筋部分温存手術(ISR)のランダム化第U/V相比較試験(がん研究開発費)
  18. 直腸癌術後再発に対する炭素イオン線治療の第T/U相試験(放射線医学総合研究所重粒子医科学センター)
これらの臨床研究や臨床試験に関しては、患者さんのご理解とご協力をいただきながら進めてまいります。