緩和医療科 << 国立がん研究センター東病院
東病院 > 診療科のご案内 > 緩和医療科

緩和医療科

1.緩和医療科について
2.診療について
3.研究について

1.緩和医療科について

 緩和医療科 医長
松本 禎久 (まつもと よしひさ)   松本 禎久 (まつもと よしひさ) 外来診療日:火・水
  専門医・認定医資格など:
日本ペインクリニック学会 ペインクリニック専門医
日本緩和医療学会 緩和医療専門医
体や気持ちのつらさを和らげ、できるだけの生活の質が向上するようにお手伝いをしたいと考えております。お気軽にご相談いただければと思います。
 医員
三浦 智史 (みうら ともふみ)   三浦 智史 (みうら ともふみ) 外来診療日:月・木
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本緩和医療学会 緩和医療専門医
からだや気持ちのつらさを和らげるには、薬の治療に加えて、お話をすることや、生活について考えることがとても大事なことになります。患者さんの今の状態に合わせた、これからの過ごし方についても一緒に考えていきましょう。
 がん専門修練医
上原 優子 (うえはら ゆうこ)   上原 優子 (うえはら ゆうこ) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本麻酔科学会 麻酔科専門医
病気に伴う体や心のつらさについて、みんなで一緒に考え、解決するよう努め、その人らしく生活できるようにお手伝いさせていただきます。

診療体制
グループでは緩和医療科外来、(入院)支持療法チーム、緩和ケア病棟が連携を取り、患者さんのつらさの緩和に取り組んでいます。こころのケアに関しては精神腫瘍科と協力し治療に取り組んでいます。

2.診療について

1)診療内容の紹介

緩和医療科では、患者さん及びご家族の生活の質の向上を目指し、緩和医療科外来・(入院)支持療法チーム・緩和ケア病棟の3つの緩和ケアサービスを提供しています。

(1)緩和医療科外来は多くの患者さんが利用できるように週5日開いております。全国的には週5日緩和医療科外来を開いている病院はまだそれほど多くはありません。 診療内容は、抗がん治療の有無を問わず、つらい症状の緩和をめざして、薬や薬以外の方法で対応いたします。また、サポーティブケアセンター/がん相談支援センターも協力し今後の療養の相談も行っています。(表1)。

表1 緩和医療科 外来新患データ(平成26年1月1日 - 平成26年12月31日)
    (%)
新患総数 397人  
治療状況    
  今後抗がん治療を行わない予定 274人 69.0%
  抗がん治療中 62人 15.6%
  経過観察中・その他 61人 15.3%


(2)(入院)支持療法チームは、一般病棟に入院中の患者さんに対するからだの症状の緩和を主に担当しています。精神腫瘍医・看護師・心理士・薬剤師・栄養士・ソーシャルワーカーなどさまざまな職種と一緒に相談しながら、患者さんの症状や生活のしやすさについて評価と対応を行っています。

(3)緩和ケア病棟では、抗がん治療を行わない患者さんに対して、2つの目的をもって診療にあたっています。1つは、入院中のからだの状態で目標にできる程度まで症状を和らげることを目指すことです。もう1つは、自宅で過ごしたい患者さんを積極的に支援するために、在宅療養支援診療所や訪問看護ステーションなどと連携し、自宅への退院の準備を行うことです。2014年の1年間には全入院患者の3分の1の患者さんは自宅へ退院されました。在宅療養を続けることが難しくなった時には、緩和ケア病棟に再入院することも可能なようにバックアップ体制をとっています。ただし、遠方の患者さんは、自宅の近くの病院で対応できるように紹介しています。また、多くの患者さんに緩和ケア病棟を利用して頂くために、それぞれの患者さんの入院期間は平均16日程度と短くなっています。長期(たとえば1カ月以上)の入院療養を希望される患者さんには、自宅の近くの病院や施設などを紹介しています。(表2)。

表2 緩和ケア病棟 入院患者データ(平成26年1月1日 - 平成26年12月31日)
    (%)
入院患者数 444人  
入院経路 自宅 256人 57.7%
  院内一般病床 175人 39.4%
  他院より転院 9人 2.0%
  施設 4人 1.0%
入院期間(平均) 16.3日

2)受診方法

・外来の場合(緩和医療科外来)
当院通院中の場合:担当の医師に相談ください。
院外からの受診:受診を希望される方は、サポーティブケアセンター/がん相談支援センター(電話:04-7134-6932)にお問い合わせください。

・当院入院中の場合(支持療法チーム)
担当の医師、看護師に相談ください。支持療法チームのメンバーが病棟まで伺います。

3.研究について

患者さんやご家族が安心して、いつでもどこにいても適切な緩和ケアを受けることを目標に、以下のような研究に取り組んでいます。
  • 治療早期からの緩和ケア提供システムに関する研究
  • 地域緩和ケアシステムの構築に関する研究
  • 患者さんのつらさを拾い上げる方法に関する研究
  • だるさや痛み、息苦しさなどの症状の治療方法に関する研究