先端医療科 << 国立がん研究センター東病院
東病院 > 診療科のご案内 > 先端医療科

先端医療科

1.先端医療科について
2.診療について
3.研究について

1.先端医療科について

 先端医療科長 (副院長[研究担当]、消化管内科希少がんセンター先端医療開発センター 新薬臨床開発分野長 併任)
土井 俊彦 (どい としひこ)   土井 俊彦 (どい としひこ) 外来診療日:火・木
  専門医・認定医資格など:
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本内科学会 認定内科医
最先端の医療を安心して行えるような実地診療を目指します。
 医員 (呼吸器内科医長、先端医療開発センター 新薬臨床開発分野 併任)
葉 清隆 (よう きよたか)   葉 清隆 (よう きよたか) 外来診療日:火・水・木
  専門医・認定医資格など:
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医、指導医
肺がんを中心に呼吸器悪性腫瘍の化学療法や、新規抗がん剤の早期開発臨床試験に取り組んでいます。
 医員 (乳腺・腫瘍内科希少がんセンター先端医療開発センター 新薬臨床開発分野 併任)
内藤 陽一 (ないとう よういち)   内藤 陽一 (ないとう よういち) 外来診療日:水・木・金
  専門医・認定医資格など:
日本臨床腫瘍学会  がん薬物療法専門医、指導医
日本内科学会 認定内科医、指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
乳がん、希少がん、泌尿器がん、婦人科がん、原発不明がんなどを担当しています。治療、療養など、さまざまな問題について一緒に相談できればと思います。何でも気軽にご相談ください。
 医員 (乳腺・腫瘍内科先端医療開発センター 新薬臨床開発分野 併任)
古川 孝広 (こがわ たかひろ)   古川 孝広 (こがわ たかひろ) 外来診療日:火・金
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
乳がんを中心として薬剤開発に取り組んでまいりたいと思います。
 医員 (肝胆膵内科先端医療開発センター 新薬臨床開発分野 併任)
高橋 秀明 (たかはし ひであき)   高橋 秀明 (たかはし ひであき) 外来診療日:水・木
  専門医・認定医資格など:
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本内科学会 認定内科医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
患者さまやご家族のお話をしっかりお聞きします。お悩みやご希望がありましたら、何でもご相談ください。一緒に治療法を相談していきましょう。
 医員 (消化管内科先端医療開発センター 新薬臨床開発分野 併任)
久保木 恭利(くぼき やすとし)   久保木 恭利 (くぼき やすとし) 外来診療日:火・水・金
  専門医・認定医資格など:
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
日本内科学会 総合内科認定医
胃がん、大腸がん、食道がんを中心の化学療法を担当しています。患者さんのご希望を聞きつつ、適切かつ最善な医療の提供を行っていきます。新規抗がん剤の早期開発臨床試験にも取り組んでいますので、迷ったり、悩んだりしたときは何でもご相談ください。
 医員 (乳腺・腫瘍内科 併任)
原野 謙一(はらの けんいち)   原野 謙一 (はらの けんいち) 外来診療日:水・木
  専門医・認定医資格など:
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
日本内科学会 認定内科医
患者様へのメッセージ:乳がん、婦人科がん、原発不明がん、肉腫、泌尿器がんの化学療法、ならびに新薬の治療開発に携わっています。一人ひとりの患者さんにとって最適で安全な治療を提供できるよう努めています。不安なことがあれば何なりとご相談ください。

2.診療について

早期開発治験、特に第1相臨床試験を中心とする治験・臨床研究を実施する診療科です。各臓器別診療科の専門医師と、がん専門修練医・レジデントなどの若手医師が中心となって編成された診療科横断型のチーム(腫瘍内科中心)です。中央病院 先端医療科をはじめ、築地キャンパスの各科・研究部門とも連携しており、情報交換を行いながら最先端の医療を行っています。また、疾患横断的チームでの対応はあらゆるがんに対して新薬治験を考慮します。新たな分子標的治療薬や従来の抗がん剤のみでなく、最近では、免疫チェックポイントと呼ばれる免疫制御を目的とした治療薬の開発も行っています。東病院は、実施している試験数(薬剤数)も治験薬を投与した患者さんの数も、国内のみならずアジアでもトップクラスの水準を保っています。

3.研究について

新薬の開発において、治療効果を予測するバイオマーカー、例えば遺伝子検査や組織を用いたタンパク質の解析によって、治療効果や副作用を予測する個別化医療にも積極的に取り組んでいます。また最近では、免疫にかかわる新薬においても、リンパ球やがん組織を調べて免疫の機能を解析する研究が行われています。