形成外科 << 国立がん研究センター東病院

形成外科

1.形成外科について
2.診療について
3.研究について

1.形成外科について

 形成外科長
櫻庭 実 (さくらば みのる)   櫻庭 実 (さくらば みのる) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本形成外科学会 形成外科専門医、皮膚腫瘍外科指導専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医、暫定教育医
がんの治療によって生じた身体各部の組織欠損の再建術やがん治療後の合併症(難治性瘻孔や潰瘍)の治療で患者さんのQOLの維持向上に貢献します!
 医長
東野 琢也 (ひがしの たくや)   東野 琢也 (ひがしの たくや) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本形成外科学会 形成外科専門医
 医員
大島 梓 (おおしま あずさ)   大島 梓 (おおしま あずさ) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本形成外科学会 形成外科専門医
悪性腫瘍の治療においては、治療後の機能回復や整容性の改善も重要です。形成外科では患者さんの治療後のQOL(生活の質)にも重点を置いております。他にはない治療としてはリンパ浮腫の手術治療も行っております。お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

国立がん研究センター中央病院の形成外科と連携を取り、がん切除後の再建を中心に診療を行っています。形成再建外科の役割は単なる形態の再建だけではありません。がんの切除により障害された機能の再建をすることで、がん患者のQOLの維持・向上に寄与するという重要な役割があります。また、がん治療によって生じた合併症(難治性瘻孔など)の治療も重要な役割の一つです。

2.診療について

東病院では頭頸部再建を中心に手術治療を行っています。2007年度は158件の再建手術のうち132件が頭頸部再建でした。手術の中心はマイクロサージャリーの技術を用いた遊離組織移植による再建で、113件が行われ、腹直筋皮弁移植、遊離空腸移植、前外側大腿皮弁移植、腓骨皮弁移植がその主な術式です。ほかに乳腺外科泌尿器・後腹膜腫瘍科大腸外科食道外科などの各科とチーム医療を行い、乳房再建、陰茎海綿体神経再建、直腸膣瘻孔の再建、食道の再建などを行っています。

3.研究について

手術件数の多い頭頸部がん切除後の機能再建を中心とした研究を行っています。特に、現在は「腓骨皮弁による下顎再建術」と「舌がん切除後の再建術」について、より良い術後機能を得るための術式の開発と標準術式の確立に向けた研究を行っています。また、泌尿器・後腹膜腫瘍科と共同で前立腺全摘術後の勃起機能の再建についての研究も進行中です。