放射線治療科 << 国立がん研究センター東病院
東病院 > 診療科のご案内 > 放射線治療科

放射線治療科

1.放射線治療科について
2.診療について
3.研究について

1.放射線治療科について


 放射線治療科長 (副院長[教育]、先端医療開発センター 粒子線医学開発分野長 併任)
秋元 哲夫(あきもと てつお)   秋元 哲夫 (あきもと てつお) 外来診療日:月・火・水・金
  専門医・認定医資格など:
日本医学放射線学会 放射線治療専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
診療スタッフ全員で患者さんの視点に立った質の高い放射線治療の提供を心がけています。
 医長
中村 直樹 (なかむら なおき)   中村 直樹 (なかむら なおき) 外来診療日:月〜金
  専門医・認定医資格など:
日本医学放射線学会 放射線治療専門医
患者さんご本人やご家族が不安を感じずに放射線治療を受けられるように最善を尽くします。何でもお気軽にご相談、ご質問ください。
 医員
小野澤 正勝 (おのざわ まさかつ)   小野澤 正勝 (おのざわ まさかつ) 外来診療日:月〜金
  専門医・認定医資格など:
日本医学放射線学会 放射線治療専門医
食道がん、肺がんなどの放射線治療を担当しております。放射線治療に関してわからないことがございましたら、ご相談ください。
 医員
全田 貞幹 (ぜんだ さだもと)   全田 貞幹 (ぜんだ さだもと) 外来診療日:月・木
  専門医・認定医資格など:
日本医学放射線学会 放射線治療専門医
笑顔で病院に来ていただけるような診療を心がけています。
 医員
茂木 厚 (もてぎ あつし)   茂木 厚 (もてぎ あつし) 外来診療日:月・水・木
  専門医・認定医資格など:
日本医学放射線学会 放射線治療専門医、放射線科認定医
頭頸部がんならびに陽子線治療全般を専門にしています。患者さんの生活の質を落とさない治療を心がけています。
 医員
戸嶋 雅道 (としま まさみち)   戸嶋 雅道 (としま まさみち) 外来診療日:火・木
  専門医・認定医資格など:
日本医学放射線学会 放射線治療専門医
放射線治療の専門家として最先端の放射線治療をご提供することで、患者さん、ご家族とともに病気に取り組みたいと考えております。
 医員
北條 秀博 (ほうじょう ひでひろ)   北條 秀博 (ほうじょう ひでひろ) 外来診療日:月・水・金
  専門医・認定医資格など:
日本医学放射線学会 放射線治療専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本乳がん検診精度管理中央機構 検診マンモグラフィー読影認定医師
悪性腫瘍全般の放射線治療を行っています。陽子線治療の開発にも積極的に取り組んでいます。体への負担が少なく、効果的な治療を目指します。
 非常勤
荒平 聡子 (あらひら さとこ)   荒平 聡子 (あらひら さとこ) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本医学放射線学会 放射線治療専門医
乳腺、頭頸部、肝胆膵領域に対する放射線治療を主に行っております。
 非常勤
影山 俊一郎 (かげやま しゅんいちろう)   影山 俊一郎 (かげやま しゅんいちろう) 外来診療日:
  専門医・認定医資格など:
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
患者様にとって最善のがん治療ができるように心がけています。

新規の患者さんの受診・ご紹介は、担当医ごとに上記の曜日にお願いいたします。

2.診療について

1)診療内容

放射線治療は悪性腫瘍の治療の根幹となる治療法のひとつであり、当科では当院の全科を受診される患者さんを対象にして、疾患の種類や状態に応じた様々な放射線治療を行っています。当科の特徴は、放射線治療医が一人の患者さんの治療にかかわる他の外科医、内科医、精神科医、緩和治療グループ、ソーシャル・ワーカーらからなる医療チームとの緊密な連携の中で治療の計画・実施・経過観察をおこなっていることです。色々な治療法の中から放射線治療を適確に選択し、患者さんに応じて他の方法(手術、化学療法、ホルモン療法など)を適切に組み合わせて治療することを目指しています。

臓器や機能の温存を目指した、放射線治療と化学療法を組み合わせた治療法を、患者さんの状態に応じて積極的に取り入れています。機能的・整容的に重要な頭頸部、食道、直腸などの骨盤臓器、乳腺などに発生した進行がんに対して、化学放射線治療を用いた臓器・機能温存治療をチーム医療の形で実施しています。
肺がん、膵臓がんでも標準治療として、あるいは新しい治療法の開発に向けた臨床研究の一部として化学放射線治療を取り入れています。

新しい技術の導入と評価、品質管理に力を入れています。陽子線治療は先進医療として行っています。頭蓋底腫瘍、鼻・副鼻腔腫瘍、上咽頭腫瘍の一部、早期前立腺がん、3cm以上で肝機能が低く切除ができない肝細胞がん、I/II期肺がんを対象にしていますが、今後適応の拡大に向けて研究をすすめています。進行した頭頸部がんに対して、より確実に、より少ない副作用で治癒を目指す方法として強度変調放射線治療(IMRT)を積極的に取り入れています。その他の通常の放射線治療に加えて、これらの先進医療技術を安全かつ有効に行うために、品質管理の実施とさらに高い品質の獲得を目指した研究に力を注いでいます。
治療期間や回数にかかわらず定額で、先進医療(陽子線)には2,883,000円が全額自己負担の形で必要です。強度変調放射線治療は保険適応となりました。

骨や脳などへの転移に伴う疼痛や神経症状を緩和するための放射線治療を行っています。多発性骨転移で疼痛を伴う患者さんには、状態に応じて非密封β線源(ストロンチウム89)製剤を用いた疼痛緩和治療が選択される場合があります。

2)診療実績

表1 放射線治療の新患数の推移
表1 放射線治療の新患数の推移

3.研究について

放射線治療・陽子線治療グループの研究活動は、1)臓器の機能と形態を温存した治療法に関する臨床研究、2)化学療法・手術療法との併用による局所制御率向上に関する臨床研究、3)緩和ケアにおける放射線治療の意義に関する臨床研究、4)病院設置型医療専用陽子線治療装置に関する基礎的臨床的研究、に大別されます。

1) 臓器の機能と形態を温存した治療法については、主として頭頸部がんを対象に、
2) 化学療法・手術療法との併用による治療成績の向上については、主として肺がん、食道がん、膵臓がん、直腸がんなどを対象に、
3) 緩和ケアについては、主として有痛性骨転移を対象に、研究が行われています。
4) 陽子線治療においては、頭頸部がん、頭蓋底腫瘍、非小細胞肺がん、食道がん、肝細胞がん、前立腺がん、小児がんなどが主たる対象です。

さらに、近年では放射線治療の品質保証に関する研究に力を注いでいます。
技術面では以下のような研究活動に取り組んでいます。
強度変調放射線治療の適応と品質保証(QA)・品質管理(QC)の確立に関する研究
治療計画用CT(ヘリカル・マルチスライスCT)に関する研究
治療計画装置の精度に関する研究
呼吸同期照射法の精度向上に関する研究
患者固定法の開発と精度評価に関する研究
位置照合方法の開発と精度評価に関する研究

また、放射線治療による皮膚障害のケアなど、QOL向上を目的とした支持療法の開発にも重点的に取り組んでいます。
放射線皮膚炎グレーディングアトラス (PDF:3.6MB)
放射線皮膚炎の重症度を判定する基準になる写真集(※医療者向け)