呼吸器内科 << 国立がん研究センター東病院
東病院 > 診療科のご案内 > 呼吸器内科

呼吸器内科

1.呼吸器内科について
2.診療について
3.研究について
4.関連情報 外部リンク集
低線量肺がんCT検診のお知らせ

1.呼吸器内科について

 呼吸器内科長 (サポーティブケアセンター 室長、治験管理室長 併任)
後藤 功一(ごとう こういち)   後藤 功一 (ごとう こういち) 外来診療日:火・水・木
肺がんは難治性の病気で、手強い相手ですが、元気に長生きすることを目指して、前向きに治療に取り組んでいきましょう。
 医長
仁保 誠治 (にほ せいじ)   仁保 誠治 (にほ せいじ) 外来診療日:火・水・木
  専門医・認定医資格など:
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
わかりやすい説明で、十分ご納得の上、治療をお受けいただけるよう心がけています。病状や治療内容についてわからないことがありましたら、遠慮なくお尋ねください。
 医長(先端医療科、先端医療開発センター 新薬臨床開発分野 併任)
葉 清隆 (よう きよたか)   葉 清隆 (よう きよたか) 外来診療日:火・水・木
  専門医・認定医資格など:
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
肺がんを中心に呼吸器悪性腫瘍の化学療法や、新規抗がん剤の早期開発臨床試験に取り組んでいます。
 医員
梅村 茂樹 (うめむら しげき)   梅村 茂樹 (うめむら しげき) 外来診療日:月・火・金
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 総合内科専門医、認定内科医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
肺がんを中心に呼吸器悪性腫瘍の内科的治療を担当しています。がん薬物療法専門医として、患者さんに質の高い医療を提供できるように努めています。最新の治療の開発にも取り組んでいます。
 医員先端医療開発センター トランスレーショナルリサーチ分野 併任)
松本 慎吾 (まつもと しんご)   松本 慎吾 (まつもと しんご) 外来診療日:月・金
  専門医・認定医資格など:
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本内科学会 認定内科医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
先端医療開発センター(EPOC)トランスレーショナルリサーチ分野と併任で、肺がん診療、研究に携わっています。遺伝子診断に基づく肺がん個別化治療の確立を目指しています。
 医員
桐田 圭輔 (きりた けいすけ)   桐田 圭輔 (きりた けいすけ) 外来診療日:月・木・金
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 認定内科医
肺がんを中心とした胸部悪性腫瘍の診断・治療や研究を行っています。患者さんにとって苦痛が少なく確実性の高い検査、質の高い治療を目指しています。
 医員
宇田川 響 (うだがわ ひびき)    宇田川 響 (うだがわ ひびき) 外来診療日:火・水・金
  専門医・認定医資格など:
日本内科学会 認定内科医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
肺がんなどの呼吸器悪性腫瘍の抗がん剤治療を担当しています。
質の高い医療を提供できるように努めています。

スタッフ紹介と診療体制

呼吸器内科グループはスタッフ7人とがん専門修練医、レジデントと呼ばれる医師で構成され、呼吸器(肺、胸膜、胸腺)の化学療法(抗がん剤治療)、気管支鏡検査、CTガイド下生検、レントゲン、CTの胸部画像診断を担当しています。毎週、呼吸器外科医、放射線治療医と一緒にカンファレンスを行い、治療方針をグループで話し合って、最適な治療法を検討しています。また、月に一回、胸部X線写真読影会を開いて、地域の先生方とともに胸部画像診断の勉強会を行っています。

2.診療について

1)診療内容の紹介

肺がん: 根治的化学放射線療法、切除不能進行がん・術後再発がんに対する化学療法、術前・術後の補助化学療法
悪性胸膜中皮腫: 化学療法
胸腺腫、胸腺がん: 化学療法、化学放射線療法
それぞれのがんに対する標準的化学療法および新規薬剤を含む臨床試験を行っています。また、がんに伴う症状に対する治療や、地域病院との連携を行いながら緩和ケアへの移行のサポートを行っています。

2)診療内容の特徴と診療実績

当院では肺がん、悪性胸膜中皮腫、胸腺腫瘍に対する初回化学療法の多くを短期入院で行っています。2次治療以降の化学療法の多くは外来通院で行っています。現在の病状、治療法の選択肢について納得いくまでお話した上で、患者さんにとって最善の治療法を一緒に考えていきます。

各がん腫の診療実績として、新規患者さんに行った抗がん剤治療数を下に示します。

図1 抗がん剤治療数
  2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 合計
肺がん 301 331 350 314 356 1,652
悪性胸膜中皮腫 5 2 5 5 6 23
胸腺腫瘍 3 3 9 5 7 27
309 336 364 324 369 1,702

図2 化学療法を受けたIV期非小細胞肺がん患者の生存曲線2002〜2006年(569人)
図2. 化学療法を受けたIV期非小細胞肺がん患者の生存曲線2002〜2006年(569人)

肺がんは、がん細胞を顕微鏡で見たときの形態で非小細胞がんと小細胞がんに分類されます。小細胞がんは非小細胞がんと比べて、進行が速く、転移しやすい性質があります。
抗がん剤を用いる治療を化学療法といいます。抗がん剤には点滴と飲み薬がありますが、いずれも薬が体に吸収されて、全身に作用します。がん細胞がほかの臓器に転移している進行度(病期)をIV期と呼びますが、化学療法の対象となります。

3.研究について

呼吸器がんの新しい治療法を開発するため、日本臨床腫瘍グループ(JCOG)や胸部腫瘍臨床研究機構(TORG)、東京がん化学療法研究会(TCOG)、日本・多国籍臨床試験機構(JMTO)などの多施設共同研究グループに参加し、臨床試験を活発に行っています。また、新薬の臨床試験(治験)や、研究者主導の臨床試験も同時に行っています。詳しくは担当医にご質問ください。

4.関連情報 外部リンク集