入院中の食事と栄養管理室について << 国立がん研究センター東病院
東病院 > 各部門からの情報提供 > 入院中の食事と栄養管理室について

入院中の食事と栄養管理室について

1.栄養管理室とは
2.入院中の食事について
3.栄養食事指導について
4.お食事の内容に困ったら
5.柏の葉料理教室のご案内

1.栄養管理室とは

栄養管理室では患者さんの入院中の病気に適した安全で喜ばれる食事を作っています。
入院・外来の患者さんに対して各病気に適した食事やがん予防に関する食事の指導や助言を行っています。

2.入院中の食事について

1)食事時間

朝食は7時50分、昼食は12時10分、夕食は18時前後です。診療上の必要により食事の摂取が停止されたり、食事時間が遅れることがあります。この場合には医師、または看護師の指示に従ってください。

2)食事場所

食事をする場所は、病室の他、眺望のすばらしい9階食堂で召し上がれます。

3)食事内容

食事は全て病院で用意いたします。病状によっては術後食、口腔食(口内炎や咽頭炎の痛みに配慮した食事)、緩和ケア食(量や内容を調整した食事)、柏の葉食(食欲低下時に食べやすい食事)、糖尿病食、腎臓病食などを召し上がっていただきます。また、毎週金曜日の朝食、昼食に特別複数メニューをご利用いただけます。食中毒防止の上からも食物、特に生ものは自宅からお持ちにならないようにお願いいたします。

【 柏の葉食の例 】
柏の葉食の一例    太巻寿司
ごま豆腐
だし醤油
副菜2品
フルーツ
     
柏の葉食の例   日本そば
やくみ
とろろ芋
袋醤油
フルーツ

4)食事内容変更の希望について

病状や治療上の理由により食べられない食事がある場合には担当医、または看護師にお申し出ください。調整いたします。
嗜好上どうしても食べられない物がある場合も調整いたします。
朝・昼・夕食についてはパン食(食パン、バターロール)も用意してあります。希望される方は看護師にその旨お申し出ください。
昼・夕食についてはめん類(うどん、そば、そうめん)も用意しておりますので、希望される方は看護師にお申し出ください 。

3.栄養食事指導について

病気の時は毎日の食事が不安になりがちです。食事についての相談・質問がありましたら、担当医、看護師にお申し出ください。栄養管理室に連絡がとれるようになっています。

1)入院時の栄養食事指導

入院中、外泊、退院前に担当医の指示を受けて栄養食事指導を行っています。
食事や食品についての疑問、知りたいこと、調理法などについての相談も随時行っていますので、担当医、看護師にお申し出ください。

2)外来時の栄養食事指導

外来においても食事の指導を行っております。指導予約をしていない場合でも外来受診時に指導をうけることができますので担当医にお話しください。相談室は1階です。

【栄養相談室】
栄養相談室の様子

4.お食事の内容に困ったら

ポスター
南瓜フレンチトースト
★消化管術後食で気をつけること

ゆっくりよく噛んで食べることで、唾液と食物がよく混ぜられ、胃腸の負担が軽減します。

◎胃切除後の食事について(1日3食+補食)
・手術後、日がたつにつれ、体も状況に慣れ、食べる量も増加してきます。(6カ月が目安)

◎大腸術後食について
ポスター
冷製トマトスープ
 ・何を食べても良いのですが、体調と食べ方の具合によっては、下痢や便秘、膨満感、腸閉塞が助長させてしまうこともあります。
・自分の体の状況にあわせて、食べ方や食品の選択をすることが大切です。
・1回の食事は腹7〜8分目を心がけましょう。

★抗がん剤治療時の食事について
・症状にあわせて食べられるものを食べたい時に摂りましょう。
・当院でのアンケートから、食べやすいものをご紹介します。

食事イメージ3 煮込みめん・ラーメン・お茶漬け・カレー・五目ごはん・寿司
パン・カップめん・サンドウィッチ・おにぎり・クロワッサン
酢の物・豆腐・サラダ・マカロニサラダ・かぼちゃサラダ

5.柏の葉料理教室のご案内

国立がん研究センター東病院 栄養管理室では、がん治療に伴う諸症状にお悩みの患者さんやそのご家族を対象とした「柏の葉料理教室」や「健康料理教室」を開催しています。詳細は下記のページをご覧ください。
矢印 柏の葉料理教室のご案内
矢印 2017年8月9日『柏の葉料理教室』第200回記念講演会・調理実演会について