コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 臨床研究支援部門 > 研究企画推進部 > 臨床研究支援室

臨床研究支援室

臨床研究支援室とは 

臨床研究支援室

臨床研究や治験を円滑に実施するための支援を行います。未承認薬を初めて人に投与するFirst-in-Human試験や未承認薬・未承認医療機器を用いた医師主導治験などの早期開発の臨床研究から後期開発の臨床研究まであらゆる開発相の支援体制を有しています。

支援内容

  • 国立がん研究センター中央病院が主導する医師主導治験の計画、準備、実施、評価、報告に関する全般的なプロジェクトマネジメント業務を行っています。
  • 医師主導治験で発生する有害事象等、安全性情報の管理を行っています。
  • 国立がん研究センター中央病院で実施される臨床研究についての包括的な安全管理を、医療安全室と連携しつつ実施しています。

スタッフ

室長

沖田 南都子

主任

鋤柄 多美恵

メンバー

川崎 真実子、坪下 明夫、松島 茜、秦 友美(併任)、川嶋 聡(併任)
片井 均(特定臨床研究医療機器管理者)
青山 真由理(特定臨床研究医薬品管理者)

主な活動内容

支援室が調整に関わった医師主導治験の年度毎の実施件数

支援室が調整に関わった医師主導治験の年度毎の実施件数

安全性情報管理の年度毎の実施件数

安全性情報管理の年度毎の実施件数