コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 内視鏡センター > 受診について

受診について

当院への受診には原則として医師の紹介状が必要です。内視鏡センターでの検査や治療をご希望の場合は、現在の主治医の紹介状をご用意のうえ、初診のご予約をおとりください。

  • 内視鏡科 消化管内視鏡(関連リンクをご覧ください。)
  • 内視鏡科 呼吸器内視鏡(関連リンクをご覧ください。)

内視鏡センターは中央病院の3階にありましたが、約2年間の準備期間後、2014年1月に新しくできた診療棟の4F、5Fにリニューアルオープンしました。

 これまで現在
総面積(平方メートル) 900 1,800
上部検査室数 5 6
下部検査室数 3 3
治療専用検査室数 0 3
透視室数 1 2
下部トイレ数 7 12
リカバリーベット数 13 26

主要な変更 改善点

  • 総面積の倍増による検査枠の増加
  • 清潔感がある落ち着いた印象の内装
  • 内視鏡治療(ESD)専用室の設置による治療枠の増加
  • 治療専用室へのシーリングペンダント(天井つり)システムの導入
  • 炭酸ガスも含めたガス供給の中央配管設備
  • リカバリーベッド数の増加
  • 中央モニタリングシステム、無線連絡システムの導入
  • 大腸前処置用トイレの大幅な増加
  • ストーマ患者さん専用の前処置室を設置