コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 看護部 > 勤務体制・福利厚生 > 看護体制・勤務体制

看護体制・勤務体制

看護体制

特定機能病院である当院は24時間の看護配置の中で1人の看護師が7人以下の患者さんのケアを担当する手厚い看護体制を取っています。

病床数

578床

看護職員数

600人

看護配置

7対1

看護単位は「看護単位のご紹介」をご覧ください。

勤務体制

二交代勤務と三交代勤務があります。一般病棟はほぼ二交代勤務となっています。

勤務体制

勤務時間:週38時間45分

二交代勤務

日勤:8時30分から17時15分(休憩60分、休息15分)
夜勤:16時00分から9時30分(休憩120分、休息30分)

注:手術室 日勤:8時から16時45分(休憩60分、休息15分)

三交代勤務(集中治療室)

日勤:8時30分から17時15分(休憩60分、休息15分)
準夜勤:16時30分から1時15分(休憩60分、休息15分)
深夜勤:0時30分から9時15分(休憩60分、休息15分)

休暇

週休2日制
年次休暇 年20日(ただし4月採用の方は15日)
年末年始の休日、病気休暇・夏季休暇などの特別休暇、産前産後休暇、育児休業、その他当センター就業規則による