コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 広報活動 > セミナー・研修・イベント > 第28回 がん臨床研究フォーラム

平成30年6月8日(金曜日)第28回 がん臨床研究フォーラム

構成施設の緊密な協力により、我が国のがん予防、診断および治療等の向上に資することを目的として、昭和48年に設立された「全国がんセンター協議会」が主催するフォーラムです。平成3年度より毎年開催しており、本年で28回目となります。

フォーラム写真
昨年のフォーラムの様子

主催: 全国がんセンター協議会
対象: 医療関係者
日時:平成30年6月8日(金曜日)9時から15時30分

プログラム

<午前の部>シンポジウム

主題:がんゲノム医療の本格的な幕開け

座長:
神奈川県立がんセンター 臨床研究所総括部長 宮城 洋平
東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長 宮野 悟

  1. 問題提起:
    神奈川県立がんセンター臨床研究所総括部長 宮城 洋平
  2. がんゲノム医療の診療体制の整備について
    厚生労働省健康局がん・疾病対策課 課長補佐 上野 秀樹
  3. ゲノム医療の臨床応用について
    京都大学腫瘍薬物治療学講座 教授 武藤 学
  4. 遺伝カウンセラーが見たがんゲノム医療の現場について
    国立がん研究センター中央病院遺伝子診療部門遺伝カウンセラー 田辺 記子
  5. ゲノム医療の現場について
    国立がん研究センター中央病院遺伝子診療部門長 吉田 輝彦
  6. ゲノム解析の最前線、次世代のゲノム診療
    東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長  宮野 悟

<午後の部>パネルディスカッション

主題:がん医療における地域包括ケア・地域連携について

座長:
神奈川県立がんセンター病院長 大川 伸一
神奈川県立がんセンター副看護局長 清水奈緒美

  1. 主旨説明・問題提起
    神奈川県立がんセンター病院長 大川 伸一
  2. 地域包括ケアについて
    日本医師会 常任理事 羽鳥 裕
  3. がん医療の地域連携の現場から
    神奈川県立がんセンター副看護局長 清水奈緒美
  4. がん医療における地域包括ケア・地域連携について、連携の現場から
    青森県立病院 病院長 藤野 安弘
  5. がん医療における在宅医療の立場から
    めぐみ在宅クリニック 院長 小澤 竹俊
  6. がん治療ナビゲーターについて
    北里大学病院 集学的がん診療センター長 佐々木 治一郎

注:詳細プログラムは関連ファイルをご覧ください。

日時

平成30年6月8日(金曜日)9時から15時30分

メイン会場

新研究棟1F 大会議場(東京都中央区築地5-1-1)
注:全国22ヵ所の会場と中継で結びます。会場は関連ファイルの「申込書(Word)」をご覧ください。

参加費

無料

参加申込方法

事前申し込み 申込書(Word)にご入力後、申し込み書をPDF化し、添付の上、お送りください。
申込書(Word)は関連ファイルをご覧ください。

参加申込締め切り

2018年6月7日(木曜日)(前日)まで

申込先

神奈川県立がんセンター(担当者:大川)宛
代表電話番号:045-520-2222

お問い合わせ

第28回がん臨床研究フォーラム事務局(神奈川県立がんセンター 担当者 大川)
代表電話番号:045-520-2222

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。