コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > 広報活動 > プレスリリース > 「希少がんMeet the Expert」2020年前半の開催テーマ・スケジュール決定

様々な希少がんについて専門家が解説する「希少がんMeet the Expert」2020年前半の開催テーマ・スケジュール決定

2020年1月9日
国立がん研究センター
  

国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:中釜斉、東京都中央区)希少がんセンターは、専門医が患者さんやご家族向けに各種希少がんについて、最新情報を盛り込んで解説するセミナー「希少がんMeet the Expert」を下記の通り開催します。

希少がんとは、年間発生数が人口10万人あたり6例未満の稀ながんの総称で、その数は200種類にも及ぶとされ、患者さんや医療者にとっても情報が少ないのが現状です。同セミナーは、様々な希少がんの情報を提供するため2017年より毎月開催し、2019年までに計57回開催しました。また、どなたでも情報が得られるようセミナー動画の公開も行い、患者さんやご家族だけでなく医療者にもご活用いただいています。

 

2020年においては、「希少がんを共に生きる」をテーマにがんに関する様々なプロジェクトを行う団体とのコラボレーションや、他施設と協働で実施する回も設けました。また、後半は、希少がん対策に関する国際連携を目指し、海外の専門家を交えたワークショップも計画しています。

「希少がん Meet the Expert」2020年開催概要

東京オリンピックの開催を踏まえ、まずは前半を設定しました。
オリンピック前後の2020年後半の開催スケジュール等は決まり次第、ホームページでお知らせします。

開催日

1月17日、1月31日、2月7日、2月28日、3月6日、3月27日、4月3日、4月17日、5月1日、5月15日、5月29日(毎月第1・3金曜日を基本)

時間

19:00~20:30

場所

国立がん研究センター 中央病院 1階 希少がんセンター待合

参加費

無料

募集人数

各回60名程度

申込方法

希少がんセンター「希少がんを知り・学び・集う「希少がん Meet the Expert」(2020年)」よりお申し込みください。

共催

国立がん研究センター 希少がんセンター 

認定NPO法人キャンサーネットジャパン

がん情報サイト「オンコロ」

動画公開

過去の動画は、「希少がんセンター希少がん Meet the Expert」のページからご覧いただけます。

 

テーマ・講師

 

日時 テーマ 講師
1月17日

希少皮膚がん

~頭皮血管肉腫・汗腺がん~

 山崎直也(希少がんセンター/中央病院皮膚腫瘍科長)
1月31日

希少がん診療におけるIVRの役割

曽根美雪
(希少がんセンター/中央病院放射線診断科 IVRセンター長)

菅原俊祐(中央病院放射線診断科)

2月7日

神経内分泌腫瘍

~診断と内視鏡治療~

肱岡範(希少がんセンター/中央病院肝胆膵内科)

関口正宇(中央病院検診部門 内視鏡科)

2月28日

肉腫(サルコーマ)

~頭頸部の肉腫~ 

吉本世一(希少がんセンター/中央病院頭頸部外科長)

下井辰徳(希少がんセンター/中央病院乳腺・腫瘍内科)

3月6日

節外性NK/T細胞リンパ腫、鼻型

伊豆津宏二(希少がんセンター/中央病院血液腫瘍科長)

3月27日

GIST(消化管間質腫瘍)

西田俊朗
(中央病院 病院長)

内藤陽一
(希少がんセンター/東病院先端医療科/乳腺・腫瘍内科)

本間義崇
(希少がんセンター/中央病院頭頸部内科・消化管内科)

4月3日

脳腫瘍~小児から成人~

宮北康二(希少がんセンター/中央病院脳脊髄腫瘍科)

渡辺祐子(中央病院小児腫瘍科)

4月17日

胸腺腫・胸腺がん

渡辺俊一(中央病院呼吸器外科長)

後藤悌(希少がんセンター/中央病院呼吸器内科)

5月1日

尿膜管がん

下井辰徳(希少がんセンター/中央病院乳腺・腫瘍内科)

5月15日

希少がんと共に生きる 

希少がんセンター×LAVENDER RING

西田俊朗(中央病院 病院長)

川井章(希少がんセンター長/中央病院骨軟部腫瘍・リハビリテーション科長)

後藤悌(希少がんセンター/中央病院呼吸器内科)

御園生泰明(LAVENDER RING 発起人)

5月29日

希少がん診療の取り組み2

~病理診断~

希少がんセンター×九州大学

吉田朗彦(希少がんセンター/中央病院病理診断科)

小田義直(九州大学大学院 医学研究院 形態機能病理学分野

教授)

希少がんセンターについて

希少がんセンターロゴ

希少ながんについて、診療・研究の推進を図り、日本における希少がん医療の課題解決を目指すため中央病院(東京都中央区)、東病院(千葉県柏市)を中心に研究所やがん対策情報センターなどとも連携する組織として2014年6月に開設しました。

希少がん医療の課題のひとつに、患者さんにとってもまた医療者にとっても、病気に関する正確かつ最新の情報が入手困難であることが挙げられます。そのため、希少がんセンターでは、さまざまな診療科の医師、放射線科医、病理医など各種希少がんに通じた専門医により、その希少がんの解説や診断、治療に関する情報をとりまとめ、最新情報を国立がん研究センター 希少がんセンターウェブサイトで公開しているほか、医療者が電話で相談に応じる希少がんホットライン(患者さんやご家族:03-3543-5601、医療者:03-3543-5602/平日8:30~16:00/相談無料)も運用しています。

 

認定NPO法人キャンサーネットジャパンについて

キャンサーネットジャパンは、1991年より活動を開始して以来、標準治療の普及に貢献しています。2001年にはNPO法人化し、2007年 1 月からは専用事務局を開設し、がん医療の啓発イベントの開催、教育事業等を通して、一貫して「科学的根拠に基づくがん医療の普及啓発」に取り組んでいます。これらの活動を通して、がんと向き合う人々が、自分らしくがんと向き合える社会を実現することを目指しています。

 

がん情報サイト「オンコロ」について

「オンコロ」は、株式会社クリニカル・トライアルが運営する「がん」と「ひと」を「つなぐ」をコンセプトとして、患者やご家族、その関係者の方々向けにオンコロジー領域の臨床試験・臨床研究の情報をわかりやすく提供するポータルウェブサイトです。がんに関わる臨床試験・臨床研究を中心に、専門的な内容をわかりやすくまとめ、専門知識が無い方でも理解できるように情報掲載を行います。必要としている人へ必要な情報をつなぐことで、患者・家族・医療従事者・製薬会社など、がんに関わる人への一助となることを目的としています。

 

報道関係からのお問い合せ先

国立研究開発法人国立がん研究センター

企画戦略局 広報企画室

〒104-0045 東京都中央区築地5-1-1 

TEL: 03-3542-2511(代表) E-mail:ncc-admin●ncc.go.jp(●を@に置き換えてください)

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。