コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

MASTER KEY プロジェクト > 進捗状況 > イベント(説明会等) > 「希少がんコミュニティオープンデー」を5月18日(土曜日)に開催します

「希少がんコミュニティオープンデー」を5月18日(土曜日)に開催します

国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:中釜 斉、東京都中央区)中央病院(病院長:島田和明)が2017年から開始している希少がんの産学共同プロジェクト「MASTER KEYプロジェクト(Marker Assisted Selective ThErapy in Rare cancers: Knowledge database Establishing registrY Project)」は、一般社団法人日本希少がん患者会ネットワークと共にイベントを開催します。希少がんの臨床研究について、情報の探し方や実際の体験談を含めて、様々な視点からご紹介します。

第2回となる今回は、「小児・AYAがん(若年者、一般的には15~39歳を指す)」にも焦点をあて、小児・AYAがんを取り巻く現状や新しい取り組みについても本イベントで取り上げる予定です。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

RCCOD2024_flyer1.png

開催概要

イベント名

「希少がんコミュニティ オープンデー」 Rare Cancers Community Open Day
~臨床試験をもっと身近に。みんなの思いが交わる日~

開催日時

2024年5月18日(土曜日)11時~17時

開催方法

ハイブリッド開催

  • 国立がん研究センター築地キャンパス 研究棟1階 大会議室/セミナールームA・B
  • Zoomウェビナー

プログラム(抜粋)

プログラム

登壇者

希少がんとは

米盛 勧
(国立がん研究センター 中央病院 腫瘍内科長)

希少がん患者が今望んでいること

大西 啓之
(日本希少がん患者会ネットワーク 副理事長)

わたしのストーリー

希少がん患者

MASTER KEY プロジェクトと希少がんの臨床試験

大熊 ひとみ
(国立がん研究センター中央病院 国際開発部門 研究企画室長)

小児がんの薬剤開発

荒川 歩
(国立がん研究センター中央病院 小児腫瘍科医長)

(注)プログラムは変更する場合がありますのでご了承ください

参加費

無料

対象者

どなたでもご参加いただけます。

(例)希少がん患者・家族・遺族、医療関係者、企業関係者、行政関係者、
   メディア関係者、一般

イベント特設サイト

イベント特設サイトからご参加登録いただけます。
https://rarecancersjapan.org/rccod2024/
 (外部サイトにリンクします)

ブース出展

当日、会場(国立がん研究センター築地キャンパス 研究棟1階 セミナールームA・B)では
企業・患者団体による体験・展示ブースの出展がございます。

出展企業・団体は現在調整中です。
希少がん啓発イベント「希少がんコミュニティオープンデー」ご支援募集のお知らせ

協賛、広告掲載、後援、協力

現在調整中です。

前回開催の様子

2023年に開催された第1回「希少がんコミュニティ オープンデー」の様子は、
こちらからご覧いただけます。


「一般社団法人 日本希少がん患者会ネットワーク」について

https://rarecancersjapan.org/(外部サイトにリンクします)


「MASTER KEYプロジェクト」について

masterkey.png

「MASTER KEYプロジェクト」は、国立がん研究センター中央病院が有する先端的な研究開発のノウハウと研究支援機能、製薬企業が有するシーズと開発戦略を融合させ、網羅的かつ効率的に希少がんの治療開発を進めるための産学共同の研究基盤の構築を目指したプロジェクトです。2017年5月より国内で、また2021年10月からはアジア地域とも連携し、現在、14企業と国立がん研究センター中央病院を含めて国内7施設、アジア地域では6か国20施設が参加しています(MASTER KEY Asia)。

参加企業は、「MASTER KEYプロジェクト」のプラットフォームを利用することで、開発戦略に応じたデータベースの活用、症例リクルートの促進、前臨床研究での国立がん研究センター研究所との協業など多くのメリットが得られる仕組みとなっており、現在30件の治験(医師主導治験16、企業治験14)が進んでいます。

MASTER KEYプロジェクト https://www.ncc.go.jp/jp/ncch/masterkeyproject/index.html

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。