コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > お知らせ > 2020年度 > 日中韓ASEANがん登録とがん対策のトレーニングコースに参加

日中韓ASEANがん登録とがん対策のトレーニングコースに参加

2020年12月21日

in English

日本と中国と韓国の国立がん研究センターの連携の一環として、中国NCCが中心となり、中国国内とASEAN諸国に向けてのがん登録、がん対策に関する講義を12月16日から18日の3日間にWEB配信で開催しました。

国立がん研究センターからは講師として、社会と健康研究センター国際連携研究部 松田智大が参加したほか、国際がん研究機関(IARC)サーベイランス部のDr Freddie Bray、中国NCCのDr Wenqiang Wei、韓国NCCのDr Young-Joo Won、フィリピンリザルがん登録のDr Edmund Cedric A. Orlina、も講義を行いました。

ASEANと中国国内のがん対策関係者の5000人以上が同時に視聴し、アジア各国が連携してがん登録、がん対策を進めていく重要さを再確認しました。

  • zenntai

    開会の様子

  • IARC Freddie Bray先生

    国際がん研究機関サーベイランス部/Dr Freddie Bray

  • 松田先生

    社会と健康研究センター国際連携研究部長/松田智大

  • 韓国NCC Young-Joo Won先生

    韓国NCC/Dr Young-Joo Won

  • 中国NCC Wenqiang Wei先生

    中国NCC/Dr Wenqiang Wei (魏 分強)

  • フィリピンがん登録Edmund Cedric A. Orlina

    フィリピンリザルがん登録/ Dr Edmund Cedric A Orlina