コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > お知らせ > 2020年度 > 柏の葉で新たな診療モデル創出を目指し「(仮称)柏の葉ホテル計画」着工

柏の葉で新たな診療モデル創出を目指し「(仮称)柏の葉ホテル計画」着工~がんの「治療」と「研究」を支える病院連携宿泊施設を2022年夏に開業予定~

2020年12月22日
in English

国立研究開発法人国立がん研究センターと三井不動産株式会社は、このたび(12月16日)、国立がん研究センター東病院(以下NCC東病院)の敷地内において、「(仮称)柏の葉ホテル計画」の新築工事を着工したことを、お知らせします。
本計画は、三井不動産がNCC東病院の土地の一部を賃借し、ホテル(計146室(予定))を建築します。竣工後は、株式会社三井不動産ホテルマネジメントが運営を行います。開業は、2022年夏を予定しています。

001.jpg

本計画は、つくばエクスプレス線「柏の葉キャンパス駅」からバスで約6分の、NCC東病院の敷地内に位置します。国内有数のがん専門病院であるNCC東病院には、毎年国内外からのべ30万人弱のがん患者さんが来院しています。一定期間の通院が必要になる場合や遠隔地からの入院あるいは通院など、来訪者のニーズに応え利便性を向上させるため、NCC東病院の敷地内に病院と隣接する形で本施設の建築を決定しました。
(右)完成予想イメージ *今後、変更となる場合がございます。

三井不動産とNCCが共同し、客室や共用エリアの設計をはじめ、がん患者さんやご家族を支える具体的なサービス・機能等について、現在検討を進めています。また、病院との連携による新たな診療モデルの創出を目指し、5GやITなどの通信環境を整備し、遠隔診療やセンシングデバイス等の導入による新たなヘルスケアサービスの開発も検討しています。

*当件に関しては2020年6月22日付で下記リリースを配信しています。 
参考リリース:「国立がん研究センターと三井不動産 柏の葉スマートシティにおいて 国立がん研究センター東病院と連携した宿泊施設計画の合意」

本計画の概要

所在地 千葉県柏市柏の葉6丁目5番2
敷地面積(一団地面積) 11,914.00平方メートル(3,603.99坪)
(内、ホテル部分 3,972.43平方メートル(1,201.66坪))
構造規模 鉄骨造、地上7階
延床面積 8,329.89平方メートル(2,519.79坪)
客室数 146室(予定)
設計・施工 東急建設株式会社
開業 2022年 夏 (予定)

建設予定地

002.jpg

施設紹介

  • 003.jpg

    1階フロントイメージ

  • 004.jpg

     客室(スイート・キッチン付き)イメージ

地鎮祭実施

12月15日(火曜日)に、建設予定地にて地鎮祭を実施しました。三井不動産からは北原副社長執行役員、山下柏の葉街づくり推進部長他が、NCCからは中釜理事長、大津東病院長他が出席しました。

  • 005.jpg

    三井不動産株式会社
    北原義一副社長執行役員

  • 006.jpg

    国立研究開発法人 国立がん研究センター
    中釜斉理事長、大津敦東病院長、他