コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 呼吸器外科 > 研究について

研究について

私たちは、よりよい治療法を開発するために、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)による大規模多施設共同研究を中心として、積極的に臨床研究を行っています。

また、今年度からは、免疫療法や分子標的薬を用いた新薬の治験を実施します。

このような研究の成果は国内・国際学会、論文で積極的に発表しており、私たちは1992年の創設以来、肺がん分野において本邦で最も活動的なグループの1つとして知られています。2015年には、英語論文16編、日本語論文5編を出版するとともに、国際学会発表4件、国内学会総会発表23件、地方会発表5件を行いました。

当グループで現在行っている臨床試験

医師主導臨床試験

  1. JCOG 0707: 病理病期 I 期非小細胞肺癌に対する術後補助療法、第 III 相試験
  2. JCOG 0804: cT1aN0 画像上非浸潤肺腺癌に対する楔状切除術、検証的第 II 相試験
  3. JCOG 0802: 肺野末梢小型肺癌に対する肺葉切除と区域切除の比較、第 III 相試験
  4. JCOG 1205/1206: 高悪性度神経内分泌肺癌の術後補助化学療法、第 III 相試験
  5. JCOG 1211: すりガラス陰影優位の cT1N0肺癌に対する区域切除、検証的第 II 相試験
  6. JIPANG: 病理病期 II-IIIA 期非扁平上皮非小細胞肺癌に対する術後補助化学療法、第 III 相試験、先進医療B
  7. PIT-1: 縦隔リンパ節転移を有する IIIA 期非扁平上皮非小細胞肺癌に対する術前導入療法としてのCisplatin (CDDP) + Pemetrexed (PEM) + Bevacizumab (BEV) 併用療法もしくは、CDDP + PEM + 同時胸部放射線照射 (45Gy) 後の手術のランダム化比較第 II 相試験
  8. PIT-2: 縦隔リンパ節転移を有する IIIA 期肺原発扁平上皮癌に対する術前導入療法としてのCDDP + TS-1 + 同時胸部放射線照射 (45Gy) 後の手術の第 II 相試験
  9. CRES3T: Superior sulcus tumorに対する術前導入療法としてのCDDP+TS-1+同時胸部放射線照射(66Gy)後の手術の有効性検証試験
  10. REVEAL-IP: 間質性肺炎合併肺癌切除患者における術後急性増悪予測リスクスコアバリデーションスタディ-多施設共同非介入前向き研究-

医師主導治験

  1. 完全切除された非小細胞肺がんに対する術後補助化学療法後の S-588410 によるペプチドワクチン維持療法の第 2 相試験 
  2. SAKULA trial: ALK融合遺伝子陽性のII/III期非小細胞肺癌に対するLDK378の導入療法と手術による集学的治療の多施設共同第II相臨床試験

企業治験

  1. ADAURA: 腫瘍の完全切除後補助化学療法を受けている/受けていない上皮成長因子受容体変異を有するステージIB-IIIA期非小細胞肺癌患者を対象にプラセボと比較してAZD9291の有効性及び安全性を比較検討する第III相二重盲検無作為化プラセボ対照多施設共同研究
  2. BR.31: 非小細胞肺癌完全切除例に対するMED14736アジュバント療法のプロスペクティブ二重盲検プラセボ対照ランダム化第III相比較試験
  3. PEARLS: 切除及び標準的アジュバント療法完了後の早期NSCLC患者に対する抗PD-1モノクローナル抗体Pembrolizumab(MK-3475)とプラセボを比較する無作為化第III相試験