front line

最先端に立つ責任感・使命感

国立がん研究センター東病院は、最良のがん診療の提供とともに、新しいがん医療を創出する役割を担い、手術・化学療法・放射線治療など、最先端医療を行っています。 最良の医療を提供するためグループ診療体制をとり、より客観性の高い診断と治療決定のために外科、内科、放射線科、病理などの壁を取り払い、治療方針を決定しています。また治療過程における症状マネジメントを行い、苦痛を緩和しQOLの向上に努めています。

手術部

年間約2,700の手術を行う手術部は、患者さんの緊張を和らげ、安全で安楽に手術できるようにコミュニケーションをとっています。他の専門スタッフ達と連携し、がん専門の手術室看護師としてケア・技術・的確な判断力を磨くため、自己研鑽に努めています。

集中治療室

主に、手術後や重症者など集中治療を必要とする患者さんが入室し、全身状態の管理や治療・看護を行います。リカバリーでは麻酔覚醒までの看護を行っています。日々のカンファレンスを通して、集中ケアを学び安全で安楽な質の高い看護を提供します。

頭頚科病棟

眼科領域と脳外科領域を除いた頭部から頚部までの領域を担当する病棟。頭頚科は、言語・呼吸・食事に密接にかかわる臓器を取り扱い、治療等による障害が日常生活に大きく影響するので、手術後のリハビリテーションに力を入れます。

支持療法チーム

がん看護専門看護師、精神腫瘍科医師、緩和医療科医師、薬剤師、管理栄養士(臨床心理士、ソーシャルワーカー)でチームをつくり、心身両面の苦痛・苦悩を少しでも緩和できるように専門的な治療やケアに努めています。

治験コーディネーター(CRC)

治験コーディネーター(CRC:clinical research coordinator)は新薬開発の一端を担い、必要とされる患者さんに貢献するために、治験内容の説明や、不安・心的負担を軽減するための相談相手として、被験者の方のケア・サポートをしていきます。

▲上に戻る

退院調整・在宅支援

がん治療の外来化や在院日数の短縮化に伴い、在宅でケアが必要な患者・家族が安心して退院できるよう退院支援看護師を中心に、入院早期から患者さんの個別性に応じた退院調整・在宅支援の取り組みを行っています。

リンパ浮腫教室

リンパ浮腫は初期段階で適切なケアを行いつつ、セルフケアを身につける事が大切。発症の可能性がある方、発症している方とその家族を対象に、セルフケアの方法を習得していただくために、リンパドレナージ・セラピストとして指導しています。

通院治療センター

外来がん化学療法を中心に、患者さん自らが副作用をコントロールできるよう、治療に関連した必要な事柄について全てサポートしています。薬剤師・栄養士・医療ソーシャルワーカーなど専門職種とチーム医療を行っています。

緩和ケア(PCU)病棟

がんの進行に伴う様々な症状や心の負担を緩和し、質の高い生活を送ることができるよう、チームでケアを行います。症状緩和のためのアセスメント能力と、科学的で根拠のある実践、コミュニケーションを基盤とした信頼関係が求められる病棟です。

なんでも相談

患者さんによる、病状や治療による副作用に対する対処方法、化学療法の詳細や、不安や悩みなどの心的相談はもちろん、そのご家族の心のケアも行っている、『なんでも相談』を開設しています。

▲上に戻る