トップページ > 医療関係者向け > 各室の紹介 > 情報統合室

情報統合室

活動

情報統合室ではがんゲノム診断の質の確保・向上のために、がんゲノム医療に必要な知識データベース(CKDB: Cancer Knowledge DataBase)を構築します。

またゲノム解析室室で構築されるがんゲノム情報レポジトリーと協調してCKDBを我が国に至適化し、がんゲノム医療中核拠点病院のエキスパートパネル(注)活動に貢献することを目指します。

注:エキスパートパネルについて
がんゲノム医療では、患者さん一人ひとりのがん細胞のゲノム情報を分析して、担当医が現時点でその方に最も適した治療法を選択するための基礎資料とします。その際、ゲノム解析の元データから、医療に役立つ情報を引き出すためには、様々な専門家の協議による検討が必要で、その仕組みをエキスパートパネルと呼びます。エキスパートパネルはがんゲノム医療中核拠点病院に設置され、そこで作成される報告書が担当医の元に返されます。がんゲノム情報管理センターは、エキスパートパネルにおける検討の基礎資料の一つとして、がんゲノム検査 CKDB 報告書をがんゲノム医療中核拠点病院に提供する予定です。

スタッフ

室長

高阪 真路

室員

宮川 梨沙
五十嵐 克幸
柴田 大朗
後藤 悌
土原 一哉