コンテンツにジャンプ
先端医療開発センター

トップページ > 新着情報 > ネオアンチゲンワクチンによる完全個別化がん免疫療法に関する共同研究契約を締結

ネオアンチゲンワクチンによる完全個別化がん免疫療法に関する共同研究契約を締結

この度、国立研究開発法人国立がん研究センターとブライトパス・バイオ株式会社は、ネオアンチゲンワクチンによる完全個別化がん免疫療法の共同研究契約を締結しましたのでお知らせいたします。

この度の共同研究は、患者のがん細胞に生じた遺伝子変異の中から、その患者の免疫反応を強く誘導するネオアンチゲンを迅速に見出す手法を開発するもので、個々の患者ごとに異なるネオアンチゲンを標的とした完全個別のがんワクチンの創製を目指しています。

共同研究は、がんペプチドワクチンを中心としたがん免疫療法の研究を推進する国立がん研究センター 先端医療開発センター 免疫療法開発分野長の中面哲也を中心に進められます。

詳細については下記のプレスリリースをご覧ください。