コンテンツにジャンプ
希少がんセンター

トップページ > イベント > 希少がんを知り・学び・集う「希少がんMeet the Expert」
4回「悪性胸膜中皮腫」

希少がんを知り・学び・集う「希少がんMeet the Expert」
4回「悪性胸膜中皮腫」

  • 日時:2017年4月14日(金曜日) 19時から20時30分
  • 場所:国立がん研究センター 中央病院1F 希少がんセンター待合
  • 講師:呼吸器内科/希少がんセンター 後藤 悌

YouTube

当日の内容はYouTubeからもご覧いただけます。
注:クリックしたら外部サイトYouTubeへ移動します。

希少がんを知り・学び・集う「希少がんMeet the Expert」第4回「悪性胸膜中皮腫」が、平成29年4月14日に行われました。

会場は、患者さんやご家族だけでなく、医師や薬剤師など医療者の方も参加されており、いかに情報を求めている人が多いのかをうかがわせました。

会場の様子の画像
会場の様子

まず開会にあたり、国立がん研究センター中央病院長西田俊朗より挨拶がありました。

中央病院 西田俊朗写真
中央病院 西田俊朗

今回のテーマは「悪性胸膜中皮腫」で、国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科/希少がんセンター 後藤 悌による講義が行われました。講義内容は、悪性胸膜中皮腫の原因のひとつである石綿(アスベスト)に関すること、病期(ステージ)診断のための方法とその役割、現在の治療法(EPP及びP/D手術、放射線療法、化学療法)についてなど詳しい解説でした。

呼吸器内科/希少がんセンター 後藤 悌写真
呼吸器内科/希少がんセンター 後藤 悌

続いてディスカッションでは、講師である後藤 悌のほか、司会・進行役の国立がん研究センター 希少がんセンター 加藤陽子などが加わり、参加者からの質問に回答しました。質問は、「腫瘍マーカー」、「病院の探し方」、「希少がんの臨床試験」など、多岐にわたりました。

  • ディスカッションの様子の画像

    ディスカッションの様子

  • 参加者の質問に答える後藤医師の写真

    参加者の質問に答える後藤医師

患者さんやご家族の参加者からは、「もっとお話を聞きたかった」「やはり治療法が少ないことが分かり残念。でも勇気づけられた」という声のほか、医療者の参加者より「説明が分かりやすかった。希少がんの患者さんの生の声を積極的に聞いてみたい」との回答もありました。このセミナーは患者さんのみならず、医療者が希少がんについて学び、患者さんと接することにも活用できる場となっているようです。