コンテンツにジャンプ
希少がんセンター

トップページ > 希少がんグラント > MDM2 増幅末梢発生軟部肉腫(MDM2-amplified soft tissue peripheral sarcoma:MSPS)の病態解明および診断治療標的の開発

MDM2 増幅末梢発生軟部肉腫(MDM2-amplified soft tissue peripheral sarcoma:MSPS)の病態解明および診断治療標的の開発

更新日 : 2022年5月16日(確認)

公開日:2022年1月28日

研究代表者

小林 英介

希少がんグラント

共同研究者


  • 市川 仁(いちかわ ひとし)
  • 国立がん研究センター研究所 臨床ゲノム解析部門

研究概要

近年は肉腫の遺伝子診断に基づく疾患概念が確立してきた。しかし未だに極めて希少なために定義が確立しておらず、予後に関する状況も不詳な超希少肉腫も存在する。本研究のテ ーマは超希少肉腫に対して遺伝子レベルでの解析を行い、新たな疾患概念の確立と標的とした新規治療開発に繋げることである。

研究代表者から患者さんやご家族へのメッセージ

希少がんの中でもさらに数の少ない超希少ながんにも目を向けて、診断基準の確立と治療開発を進めていきたいと考えています。

 

  • 小林英介

    研究代表者の小林英介、患者さんやご家族向けに講演の様子

  • 小林英介

    研究代表者の小林英介、講演後、患者さんの質問に対して回答している様子

 

研究の成果

準備中