コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 発がん機構研究グループ > 分子病理分野

分子病理分野

トップイメージ

研究室の紹介

ヒトの遺伝子が全て解読されたのは2000年でしたが、最近の腫瘍生物学の進歩は目覚ましく、現在はそれぞれの腫瘍の全ゲノムをしらべることは難しくなくなりました。これらの結果をもとに多くの治療薬が開発され、一部の腫瘍では特定の遺伝子変異に対して高い効果を示す薬剤が開発されています。これら腫瘍の診断を支えるのが病理診断学であり、いまや形態学を超えたさまざまなタンパク発現、遺伝子異常をもとに診断を行っています。分子病理分野では、中央病院 病理診断科と密接に連携し、診断の過程で生まれてきた疑問をもとに、遺伝子変化を診断に役立てる研究や、診断に役立つ遺伝子異常を見出す研究を行っています。また、がんゲノム医療などで得られたさまざまな解析結果をもとに、幅広い腫瘍の特性を臓器横断的に見ていくとともに、他の基礎研究で得られた知見を実際の診療に役立つ方法として確立することもこの研究室の大切な使命と考えています。