トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 新領域創成プロジェクトグループ > 希少がん研究分野 > 研究室メンバー > 藤井 一恭

藤井 一恭

藤井一恭の画像
氏名藤井 一恭(ふじい かずよし)
所属・職務希少がん研究分野 客員研究員
専門皮膚悪性腫瘍、皮膚悪性リンパ腫、HDAC阻害剤
勤務先 鹿児島大学病院感覚器センター皮膚科
学位 医学博士(平成17年)
出身校 鹿児島大学医学部(平成7年卒)
所属学会 日本皮膚科学会、日本研究皮膚科学会、日本癌学会、日本皮膚悪性腫瘍学会、日本プロテオーム学会、日本電気泳動学会、European Society for Dermatological Research、International Society for Cutaneous Lymphomas
研究について一言 一般に皮膚がんといっても、悪性度の高い悪性黒色腫や血管肉腫から悪性度の低い基底細胞癌、日光角化症までさまざまなものを含んでいます。いずれも発症頻度の低い稀少がんに分類されます。悪性黒色腫に関しては免疫チェックポイント阻害剤の開発など研究の進歩が目覚しいですが、それ以外のものは頻度が低いことや悪性度が低いことなどから研究者もあまりいません。そのような分野にも興味を持って研究を進めたいと思っています。
現在取り組んでいるテーマ 皮膚悪性リンパ腫の治療に関する研究を主体に、皮膚悪性腫瘍の研究を行っています。新規治療の開発や発癌のメカニズムについて興味を持っています。