トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 新領域創成プロジェクトグループ > 希少がん研究分野 > 研究室メンバー > 八木田 和弘

八木田 和弘

八木田 和弘の画像
氏名八木田 和弘(やぎた かずひろ)
所属・職務希少がん研究分野 客員研究員
専門概日リズム、環境生理学、細胞分化と概日時計
勤務先 京都府立医科大学 医学研究科 統合生理学
学位 博士(医学)(平成12年)テーマ:培養細胞における概日時計分子機構の解明
出身校 京都府立医科大学(平成7年卒)、京都府立医科大学大学院医学研究科(平成12年卒)
所属学会・研究会 日本生理学会、日本時間生物学会、日本睡眠学会、日本分子生物学会、日本生化学会、日本解剖学会、日本神経科学会など
研究について一言 全身の細胞に存在する概日時計。培養線維芽細胞を用いてその存在を証明した研究以降、普遍的細胞機能として概日時計が存在していることの意味を問い続けてきました。
その過程で、概日時計が細胞分化との間に密接な関連があることを発見し、その病態生理学的意義としてがんの悪性度と細胞の概日時計の機能性に相関がある可能性を見出しました。
概日時計とは何か? 細胞がもつ普遍的機能としてその概念の再定義を目指すとともに、がんの診断および治療法開発に新しい切り口で貢献したいと思っています。
現在取り組んでいるテーマ がんと概日時計との関連については多くの研究があるものの、いまだに統一した見解がない状況です。
概日時計と細胞分化の関連メカニズムから、がんの診断や治療法につながるバイオマーカーの開発を目指しています。