コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > Tsukji TR Board

Tsukji TR Board

Tsukji TR Boardとは?

Tsukiji TR Boardは、築地キャンパスのトランスレーショナル・リサーチ(TR)を活性化すること、及び製薬企業・アカデミアへの築地TR研究体制の“見える化”“易アクセス化”を目的に、中央病院と研究所が一体となって進めている新たなTR研究の枠組みです。Tsukiji TR Boardの取り扱うTR研究は、製薬企業とのTR研究を主とし、アカデミアとのTR研究も対象としています。

TR Boardでは、TR研究を促進するために、中央病院の臨床家と研究所の研究者のコアメンバーが定期的に集合し、築地キャンパスで実施するTR研究の情報共有及び方向性の決定を、情報の機密性を守った形で行っています。

コアミーティングでは、病院からの情報共有として、早期開発(第I相臨床試験やファースト・イン・ヒューマン(FIH)臨床試験などの企業治験)や、製薬企業側から相談されたTR研究に関する情報が扱われます。研究所側からは、同様に製薬企業側から相談されたTR研究に関する情報と、新規標的探索や耐性メカニズム解明、新規バイオマーカーの開発などの情報を提供し共有しています。また、アカデミアとの新規シーズ開発、および付随するTR研究などにも積極的に取り組んでいます。臨床と基礎が密に連携し、NCCから魅力あるTR研究を提案、発信していきます。

現在、包括的な付随研究の研究計画書により、迅速にほぼ全ての付随研究が開始できる体制を整えています。研究所では、基盤的臨床開発研究コアセンターのコア・ファシリティ(FIOCパンフレット)において、ゲノム・トランスクリプトーム・プロテオーム等オミックス解析や免疫学的解析を請け負っています。

Tsukji TR Boardの組織図

Tsukji TR Boardは、中央病院の臨床家と研究所全分野の研究者から組織されています。中央病院と研究所のコアメンバーで月1回定期的に情報交換しています。

コンサルテーションからTR研究実施までの流れ(画像をクリックすると大きな画像がご覧になれます)
コンサルテーションからTR研究実施までの流れの図

体制図(画像をクリックすると大きな画像がご覧になれます)
体制図

診療部門と研究分野(画像をクリックすると大きな画像がご覧になれます)
診療部門と研究分野 図

参加メンバー表(画像をクリックすると大きな画像がご覧になれます)
参加メンバー表

コンサルテーションからTR研究実施までの流れ・体制図・診療部門と研究分野・参加メンバー表のPDFはこちらです。

Tsukiji TR Boardの具体的な取り組み

1.製薬企業とのTR研究

FIHにつながる企業医薬品シーズの基礎開発や、企業治験等臨床試験の付随研究を行っています。

付随試験の一覧

2017年10月~2020年12月

企業との共同研究数
●国内企業 27課題(9社)
●グローバル企業 3課題(3社)
30課題(12社)
共同研究の内訳
●治験付随研究 全 17課題(6社)
医師主導治験 16課題
企業治験 1課題
●薬剤開発(非臨床試験) 全 8課題(5社)
●基礎研究 全 5課題(5社)
診断法開発 2課題
創薬標的探索 1課題
薬剤作用機序解明 2課題

2.創薬のためのJ-PDXライブラリー作製事業

新薬候補薬剤のスクリーニング及び前臨床試験を促進するために、詳細な臨床情報の付帯した日本人由来のPDXを作製しています。2018年8月に開始し、2020年3月までに1126検体のがん組織マウスに移植され、323株のPDXが生着、440例が経過観察中です。ドナー患者由来のPDXマウスを用いたpre-clinical studyの結果と、臨床試験の結果を比較するCo-clinical studyにより、治療効果予測モデルとしての有用性を評価します。(J-PDXライブラリー作製事業の概要図12

3.Rainbow Cloudプロジェクト

急激に薬剤耐性になった症例やスーパーレスポンダーなど、薬剤の分子機構に興味があるとき、臨床家の要請により、使用できる臨床検体に応じた解析を行い2週間ほどで解析結果を返却します(現時点ではNCC内のみ対象)。これまで8件の解析を行い、1件においては治療方針の変更につながる遺伝子異常も同定しました。(Rainbow Cloud projectの概要

4.Immuno-Genome Atlas

末梢血の解析のみでは明らかにできなかったがん微小環境に関して、ゲノム解析とシングルセルレベルでの免疫学的解析を融合し、メジャーがん・アジアがんを対象に、がん細胞と免疫細胞の相互作用の全貌を明らかにしています。(Immuno-Genome Atlasの概要

5.Liquid biopsy

中央病院・研究所一体のリキッド・コアセンターにおいて、血液や体液などのがん患者臨床検体を用いた、低侵襲なリキッドクリニカルシークエンスによるがん細胞の経時的な分子プロファイリング解析をはじめ、新規の診断技術開発応用及び探索的臨床導入を実践しています。

お知らせ