コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 通院治療センター > セルフケア支援

セルフケア支援

がん化学療法オリエンテーション セルフケア支援

特に初めての治療の場合、がん化学療法オリエンテーションを重点的に行います。多くの副作用は、医療者のいない自宅で経験されることが多く、外来がん化学療法が安全に行えるためには、患者さん自らが今の症状を副作用と認識し、必要時、薬を飲んだり医師に連絡すべき症状と判断したり、それにあわせた対処をしていく「セルフケア」が必要となります。そのためにはご家族の協力が不可欠です。がん化学療法を受けることで出現が予想される副作用やそれにどのように対応したらいいのか、患者さんの日常生活の状況をお聴きしながらそれにあわせた対処方法をお伝えしています。自宅に戻り、通院しながら治療を続けようという気持ちをもっていただけることを目的としてがん化学療法オリエンテーションを行っています。

副作用は、治療を繰り返すことで発現の種類・程度・期間などが変化します。副作用の状況を把握するために、治療日記記入をお勧めしています。その日記に記載された内容を一緒に振り返りながら、その時々に合うと考えられる方法を提案いたします。

そのほか自宅に持ち帰る医療機器の扱い方の説明や、治療スケジュールの確認・薬剤の特徴など薬剤師と協働して行う内容もあります。


携帯型ディスポーザブル注入ポンプ、埋め込み型静脈ポートなど在宅で管理していただく機材の説明を行います。 処方されたお薬の使い方を説明いたします。 さまざまなパンフレットをお渡ししています。