トップページ > グループ紹介 > 新薬開発分野(柏) > メンバー > 安永 正浩

安永 正浩

安永 正浩

DDS(ドラッグデリバリーシステム)・分子イメージング及び細胞生物学を駆使した抗体・DDS製剤の開発を行っています。質量分析・バイオインフォマティクス、イメージングテクロノロジー、タンパク質工学、ケミカルバイオロジー、幹/免疫細胞生物学など最新のバイオテクノロジーを活用した新薬の開発やTR研究にも力を入れています。さらに、匂い・生体分子や不老不死を標的にした診断治療法の開発にも取り組んでいます。

職名

  • 新薬開発分野 分野長
  • 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科NCC腫瘍医科学 連携教授
  • 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 がん先端生命科学 客員教授
  • 熊本大学大学院 腫瘍治療・トランスレーショナル学分野 客員教授

専門領域

  • 腫瘍学
  • ドラッグデリバリー
  • 抗体科学
  • 分子イメージング
  • 細胞生物学

キーワード

  • DDS
  • 抗体
  • 分子イメージング
  • T細胞
  • 免疫ターゲッティング
  • 質量分析
  • 匂い・生体分子
  • 不老不死

現在の主な研究テーマ

  • DDS・分子イメージングを駆使した武装化抗体(ADC, RIT)の開発
  • 2重特異性抗体(BsAb)の臨床応用性を高めるためのT細胞制御法の開発
  • 新しいDDSコンセプトとしての免疫ターゲッティングと免疫制御法の開発
  • 先端的質量分析・バイオインフォマティクスと新薬開発
  • 匂い・生体分子や不老不死を標的にした診断治療法の開発

共同研究可能なテーマ

  • 次世代抗体医薬(ADC, RIT, BsAbなど)の基礎・TR研究
  • 質量分析を中心にした分析科学・コンピューターサイエンスによる基礎・TR研究
  • 抗体DDSによるT細胞制御法の開発
  • 抗体・DDS・幹/免疫細胞生物学を活用した匂い・生体分子や不老不死の研究

Email

mayasuna●east.ncc.go.jp(●を@に置きかえてください)

略歴

  • 1988年 熊本大学医学部 卒業
  • 1996年 熊本大学大学院医学研究科 修了
  • 1989年 社会保険下関厚生病院 外科 医師
  • 1993年 京都大学大学院医学研究科 特別研究生
  • 1996年 鶴田病院 外科 部長
  • 1997年 山鹿市立病院 外科 医師
  • 1999年 熊本大学医学部 第一外科 医員
  • 2002年 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 研究員
  • 2006年 国立がんセンター東病院臨床開発センター がん治療開発部 室長
  • 2012年 国立がんセンター東病院臨床開発センター 新薬開発分野 ユニット長
  • 2015年 国立がんセンター先端医療開発センター 新薬開発分野 ユニット長
  • 2020年 現職

主な所属学会

  • 日本DDS学会(理事)
  • 日本癌学会(評議員)
  • 日本分子イメージング学会
  • 日本微小循環学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 分子ロボティクス研究会
  • American Association for Cancer Research (AACR)
  • World Molecular Imaging Congress (WMIC)
  • The Antibody Society (Boston)

主な論文

  1. Kamakura D, Asano R, Kawai H, Yasunaga M. Mechanism of action of a T cell-dependent bispecific antibody as a breakthrough immunotherapy against refractory colorectal cancer with an oncogenic mutation. Cancer Immunol Immunother. 2020.
  2. Yasunaga M. Antibody therapeutics and immunoregulation in cancer and autoimmune disease. Semin Cancer Biol.  64, 1-12. 2020.
  3. Yasunaga M, Manabe S, Furuta M, Ogata K, Koga Y, Takashima H, Nishida T, Matsumura Y. Mass spectrometry imaging for early discovery and development of cancer drugs. AIMS Md Sci. 5, 162-180. 2018.
  4. Yasunaga M, Manabe S, Tsuji A, Furuta M, Ogata K, Koga Y, Saga T, Matsumura Y.Development of antibody–drug conjugates using DDS and molecular imaging. Bioengineering  4, E78. 2017.
  5. Yasunaga M, Saijou S, Hanaoka S, Anzai T, Tsumura R, Matsumura Y. Significant antitumor effect of an antibody against TMEM180, a new colorectal cancer-specific molecule. Cancer Sci. 110, 761-770. 2019.
  6. Yasunaga M, Manabe S, Matsumura Y. Immunoregulation by IL-7R-targeting antibody-drug conjugates: overcoming steroid-resistance in cancer and autoimmune disease. Sci Rep. 7, 10735. 2017.
  7. Yasunaga M, Manabe S, Matsumura Y. New concept of cytotoxic immunoconjugate therapy targeting cancer-induced fibrin clots.Cancer Sci. 102, 1396-402. 2011.
  8. Yasunaga M, Nishikawa S,Nakano Y, Tada S, Okada M, Jakt,LM, Nishikawa S, Era T, Nishikawa SI. Induction and monitoring of definitive and visceral endoderm differentiation of mouse ES cells. Nat Biotech. 23. 1542-50. 2005.
  9. Yasunaga M, Tabira Y, Nakano K, Iida S, Ichimaru N, Nagamoto N, Sakaguchi T.Accelerated growth signals and low tumor-infiltrating lymphocyte levels predict poor outcome in T4 esophageal squamous cell carcinoma.  Ann Thorac Surg. 70. 1634-1640. 2000.
  10. Yasunaga M, Wang F, Kunisada T, Nishikawa S, Nishikawa S. Cell cycle control of c-kit+IL-7R+ B precursor cells by two distinct signals derived from IL-7 receptor and c-kit in a fully defined medium. J Exp Med. 182. 315-323. 1995.

PubMedで論文一覧を見る(外部サイトへリンクします)